猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)

  • 673人登録
  • 4.39評価
    • (135)
    • (79)
    • (32)
    • (3)
    • (0)
  • 77レビュー
著者 : 永尾まる
  • 少年画報社 (2008年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785930769

猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 猫マンガに手を出し始めたらキリがない、と分かっていたのに…。

    猫好き、江戸好きにはどストライクなマンガで、しかも余韻が残るところがイイ!
    続きもまた買おうっと♡

  • 猫が健気で純粋で、切なくなる話が多くてウルッときました。そこはかとなく漂う夏目臭。
    続きも読んでみよう

  • お江戸猫情物語。ニタ仙人が大活躍いたします。
    猫好きは涙することも……必見です。
    1~6巻、以下続刊。

  • 本屋で見かけて、気になっててガマンしきれず購入。
    江戸モノ、妖怪モノと来ちゃぁ、気にならない筈はないんですよ、自分。
    と、それは措いといて。

    表紙でふてぶてしく煙管をふかすニャンコは、当然只のニャンコの筈もなく、絵師の十兵衛もちょいと不思議な感じ。

    この、奇妙なコンビがコンビになる経緯とかが知りたくなる。

  • 猫好き、江戸好き向き。
    猫又はいいなぁ。猫助け、人助けをさらりとやるのだが、周りの人間がなんとも味があってのめりこむ。
    ニタは性格は違うもののアタゴオルのヒデヨシのようなイメージだな

    娘から借りた

  • 猫可愛い!花魁の話には泣いた・・・。

  • 猫好きにはたまらない、猫は時代を越えてずっと愛されている動物だとよく分かる人情マンガ。

  • ほのぼの系で割と好き。

  • フラリと立ち寄った本屋で平積みになっていた作品。
    猫マンガ雑誌『ねこぱんち』に掲載されているようです。
    ここ数年、猫ラブになってきた私としては、飼えないならばせめて漫画だけでも!と思い購入(笑)

    あ~た~り~!!ヽ(*´∀`)ノ

    でした♪
    江戸時代を背景に、猫絵描き屋十兵衛とその飼い猫ニタが出会う、猫とその飼い主の物語が1話完結で描かれています。
    色んな猫と飼い主の関係が描かれていて、ホロリと来るものもあれば(こちらの方が多いかな)ホッコリするものもあって、もっと読みたくなりました。
    この巻に収められているものはどれも好きですが、お気に入りは『猫恐の大熊』と『猫参り』です。
    猫好きな方には勿論、そうで無い方にもオススメです。

  • 江戸の情緒と人情と猫。
    手白と久蔵さん。玉吉と芳太郎。名無しの白猫とおしまちゃん。三多郎と花魁・花雲。トラ助と西浦さん。ヤロと清助。

    そして、ニタと十兵衛。

    みんな、守りたくて優しい心を持っている。

全77件中 1 - 10件を表示

猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)のその他の作品

永尾まるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
オノ・ナツメ
くるねこ大和
有効な右矢印 無効な右矢印

猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)に関連するまとめ

猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする