天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)

  • 249人登録
  • 3.66評価
    • (12)
    • (33)
    • (30)
    • (3)
    • (1)
  • 26レビュー
  • 少年画報社 (2009年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785932909

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「夢のお仕事さがし大図鑑」から、<指揮者>のお仕事がよくわかる、と紹介されていた漫画。
    しかし主人公はバイオリニストの少年であった。。。

  • B1

  • 音楽大学を舞台とした、音楽漫画
    14.06.11 新規up

    1-09巻 続

  • 現実的なのだめという感じ

  • 幼いころから 指揮者としての才能を秘めた少女・曽成ひびきと、その才能に強く惹かれ、振り回され、かつ自分の進むべき道に悩む バイオリニスト秋央の成長物語。


    主人公の秋央は、幼い頃からバイオリンを学び、本人もまわりも、凡人の域を出ない事を なんとなくそのままに成長し、音大生となった。

    秋央が音楽への強い思いを持てなかったのは、
    ひびきが 父親の代振りとして オケの練習の指揮をした時に見せた、音楽のすばらしさに触れて あてられたから・・・。

    大学でひびきと再会し、
    秋央はあらためて、才能の差に苦悩する。でも、惹かれずにはいられないひびきの音楽の世界。

    音大生のリアルな生活がある、というかんじ。

  • 最新話を読んだで興味を持った。

  •  天賦の才能を持つ指揮者の女の子ひびきと、その才能に惚れ込み、振り回される悩める男バイオリニスト秋央の成長物語。主人公の秋央が凡人であるがゆえに才能の差への嫉妬や苦悩、憧れがリアリティであり、今後の成長が楽しみである。
     またヘタレ男子に対して芯の強い女性がヒロインとやまむらはじめ作品ではお約束なんでしょうかね。

  • 天才そのものよりも、その周りにいる人達が辛いな、と思った話。
    娘の才能を、自分の引き際を認めて消えていったひびきのお父さんは、本当に器の大きな人だったんだなぁ。最初は正反対の人かと思ったけど。あれはこうしたいっていう理想があって、なかなかそれを伝えられないもどかしさとか、一生懸命だっただけなんだなぁ。
    ひびきの才能にあてられた秋央もこれからどうなるのか、先が気になる。

  • 天才指揮者であるひびきによって魅せられた青年が
    ひびきを追いクラシック音楽の道をゆく話。

    専門的なことが多めに解説されたりするクラシック音楽好き
    向けの漫画。

  • 12/01/21、ブックオフで購入。

全26件中 1 - 10件を表示

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)に関連する談話室の質問

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする