蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)

  • 467人登録
  • 4.06評価
    • (33)
    • (55)
    • (19)
    • (2)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : Ark Performance
  • 少年画報社 (2011年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785935931

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画喫茶で読みました。

    ハルナは『成恵の世界』版が好きです。
    アレは後半、物語が意味不明になっちゃったからウ~ンな感じだけど・・・。

    上から目線で舐プしてくる相手をドン底に叩き落とすって気持ちいいよね!
    ハルナは figma が出てるから、あれで終わりではないのだろうけど。

    コンゴウの到着は30分なのか45分なのか、結局どっちなんだろう?
    そこの時間の差が勝敗に左右するのかと思ったのだけど、関係なかったぜ。
    てか、タカオが『艦これ』のコンゴウとキャラ的に被るというか、コンゴウが『艦これ』のコンゴウと違いすぎていまだに混乱する。
    「コンゴウが来る」と聞いて、ついついタカオを思い浮かべちゃう。

  •  横須賀沖海戦終幕。

     静かな緊張感の中、榛名・霧島を、伊401単艦で翻弄・撃破したアニメーション版の良さが際立つ一方、共闘戦という派手さの残るマンガ版も悪くはない。

     ここで翔鶴・瑞鶴、あるいは長門の名が出るだけでなく、霧の艦隊に海洋航路を封鎖された日本国内の政治や、米欧中露の思惑が見せられるなど、やや意外な方向性も垣間見え。とはいえ、かわぐちか⚪︎⚪︎のノリははっきり言ってキライなので、そんな風にならないことを願いつつ…。

  • ハルナ&キリシマ戦がメイン。何度も言うけれど、やっぱり見開きページは紙書籍の方が迫力ありますね(;^-^) 人型のキリシマはとっても好戦的ですね。というか、バトルマニアっぽい?(笑) キリクマになってからは結構苦労人っぽいとこが出てたからなあ。好き勝手やっていたツケが、キリクマになってから回ってきたって感じかな? タカオのゴン! が、ねwww

  • キリシマハルナとの戦闘編。アニメだと401単独のバトルになっていたけれど、人類側にも白鯨という「一応の」対霧兵器が存在したのね。ストーリー的には白鯨があった方がいろいろ仕込めそうだけど、見せ方とはアニメの方がやっぱり見ててカタルシスを感じるかなあ。
    あと、今巻はいろいろ仕込みがあった感じで続きが楽しみな巻だった。美人なソナー担当が群像と過去にいろいろあった模様だし。そして霧側もヤマト側と翔像のいるムサシ側とどうも二手に分かれている感じでいろいろ複雑な感じ。この辺、劇場版アニメではどう料理しているのかな?気になる。

  • キリシマ&ハルナ戦だが、この時点でアニメと大分違う様相を見せている。アニメはあくまで401組に焦点があったが、原作はどうやら人類全般に視点が広がっているようであり、群像もまたアニメと違って未熟さが強調されているように見える。対立軸として父親の存在も出てきてるので。

  • うむ。良いね。これは人気出るはずだわ。

  • 過去、未来両方への風呂敷の広げ方がとても好み

  • 買うた

  • 前半は401&白鯨VSハルナ&キリシマ。響真瑠璃が401を降りた理由が気になる。霧の戦艦撃沈で世界は動き始める。千早翔像&ムサシ初登場。蒔絵ハルナを見つける。

  • vsハルナ&キリシマ戦の決着。圧巻のメカ描写。群像の完璧さに対する深い情緒が良かった。

全16件中 1 - 10件を表示

蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)に関連するまとめ

Ark Performanceの作品一覧

Ark Performanceの作品ランキング・新刊情報

蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする