どげせんR 1 (ヤングキングコミックス)

  • 48人登録
  • 3.07評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : RIN
  • 少年画報社 (2012年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784785939076

どげせんR 1 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 板垣恵介と土下座感の違いで別れて仕切り直し、って…それにしても、iMacのデザインが土下座からってのは、ネタに詰まった証拠のような作品の気もします

  • 板垣さんのどげせんは「こういうの描いときゃ売れるっしょ(笑)」みたいなあざとさがあって、鼻につく。こっちはちゃんと普通にストーリーがあってちゃんと面白い。

  •  板垣恵介との共作だった前作『どげせん』。それが方向性の違いによりいったん連載終了。板垣氏は『謝男』(シャーマン)を、そして作者は本作を、という形で分かれたそうです。

     一応筋というか設定らしきものを説明しておくと、本作は、樫宮高校の国語教師・瀬戸発(はじめ)が、あらゆるトラブルを土下座で解決するというギャグ漫画です。
     で、ドラスティックな土下座を繰り広げているのは相変わらず。土下座vs中座や、土下衛門など、とにかく一々バカバカしくてたまりません!

     巻末に特別収録された読み切り「グッドジョブ」は、おそらく漫画史上あり得なかった追悼マンガ。不謹慎だとか、愛情が籠もってるとか、そんなチャチな次元で判断しちゃいけない作品だと思いました(笑)。

  • 刃牙とは違う、「強さ」とは何かをとく作品。「土下座」それは新たなる戦闘形態!(裏表紙より)
    とか言ったもののくだらなくて最高だった。

    土下リミナル!!?

  •  ジョブス・・みてるか・・・これがおまえのみたDOGEZAだ・・・

  • 板垣恵介&RINの『どげせん』よりRIN単独の『どげせんR』の方が感動的ではないか。土下座で生徒を救う瀬戸発、かっこいいゾ。面白いゾ。『餓狼伝』も突然の休載、『範馬刃牙』も納得の行かない無理矢理の完結と最近の板垣恵介はイカンのにRINはええじゃないかい。RINが『餓狼伝』『範馬刃牙』の続きを描いてもいいゾ。

    と、また過激なことを書いてしまった。土下座せねば。

  • もっとバカバカしいのを期待してました。

  • 前作から浪花節上等の構えで人情譚に舵取り。いいじゃない! 泣かせてもらうよ! 板垣恵介流の狂的表現がない分、迫力不足ではあるかも。

  • 何も変わってないけど、新装開店なんですね。

全9件中 1 - 9件を表示

どげせんR 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

どげせんR 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

どげせんR 1 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

どげせんR 1 (ヤングキングコミックス)はこんなマンガです

どげせんR 1 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする