超人ロック風の抱擁 5 (ヤングキングコミックス)

  • 58人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 聖悠紀
  • 少年画報社 (2013年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785950958

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

超人ロック風の抱擁 5 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 5巻、読みました。
    思いもよらぬ長期化で、まだまだ終わる様子はありません。
    当初、晩年のミラが回想するシーンとか、ちょこちょこ挿入されていましたが、そういうのは全くなくなって、話はどんどん広がっている。
    史上、ちゃんとロックの嫁さんになったと記述がある唯一の女性であり、他に類を見ない特殊なエスパーでもあるミラですからね。
    お話が広がるのは仕方ないのかもしれません。
    でもなぁ・・・・、
    『カデット』『星辰の門』『久遠の瞳』をやっている頃には、まさか彼女が将来こんな過酷な人生を送るとは思いもよらなかった。
    本作が始まった当初も、過去を振り返りつつ、晩年を穏やかに過ごし最期をロックに看取られるような、短いお話になるんだろうと思っていたものですよ。
    それがねぇ・・・・。
    記憶を消され、兵器として扱われる生活。
    しかも、クローンまで利用されて・・・・・。
    そのクローンなんてもう兵器の生体部品みたいなものになっている。
    ゼロワンは心の交流ができそうだったけど、ゼロツーはなんか心が壊れている感じ。
    嫁が自分を覚えておらず、敵に捕らえられた中で知り合った医師・ヤシキに心惹かれているのを、ロックはどんな想いで見ているんだろう?
    さらに、ヤシキは死亡したことで彼女の心に、その存在を深く刻むことになるでしょう。
    これだと、記憶が戻っても・・・・・・ねぇ?(;^_^A

    ラストでさすがにキレかかっている珍しいロックが、久方ぶりに見れますが、果たしてこの電子使いはどうなるんでしょう?

    ゼロツーの存在を知った時の反応も、見ものだ。<酷っ!w
    結構壊れているゼロツーですよ。
    敵対する可能性大ですからね。
    非情になりきれるか、ロック?!

  • 今までの超人ロック物は大抵4巻程度で話が完結していたのに、前4巻では話が終わらず『おやっ?』と思いながら今作に至る第5巻目。

    なんと今回も完結しませんでした(驚

全2件中 1 - 2件を表示

超人ロック風の抱擁 5 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

超人ロック風の抱擁 5 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超人ロック風の抱擁 5 (ヤングキングコミックス)はこんなマンガです

超人ロック風の抱擁 5 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする