スピリットサークル 03―魂環 (ヤングキングコミックス)

  • 209人登録
  • 4.38評価
    • (35)
    • (20)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 水上悟志
  • 少年画報社 (2014年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785952556

スピリットサークル 03―魂環 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 四度目に見る過去生は江戸時代を生きた研師方太朗

    大林先生とあのときの落武者…繋がった!

  • お互いを許すこと以外に、何か大きなトリガーがありそう。今の風太には多くの味方がいるのが良い。風太がこれまでの因縁を超えた何かをしてくれそう、という予感が徐々に高まってくる。

  • 4.6

  • 06.24.14 時間系はおもろい

  • フルトゥナの業が気になって仕方がない。が,少なくとも後過去生が2回もあるのだ。6巻あたり?

  • やっぱり水上悟志は抜群に上手い。
    けど、ちょっと地味なのよね。読み出せば確実にのめりこむのだけど。

  • 作品内に、読み手を引き摺り込む腕力が単純にズバ抜けて高い
    閉じたのと同時に、「呼吸」って動作を思い出して、いきなり息苦しさが襲ってくる、と言っても過言じゃない
    電車内で読むのには向かない、お勧めできない、最高質の漫画。間違いなく、乗り過ごす・・・私は実際に乗り過ごした
    なので、漫画を読む能力をとことん鍛えたい人は、これを読むべき
    この漫画が持ってる腕力に耐えきれるようになれば、大抵の漫画に引っ張り込まれ過ぎずに、頭をクールにしたままで感情移入が可能になる気がする
    ただ、偉そうに語ってはみたが、私は3回目を読み終えてもまだ、疲労感が襲ってくる
    個人的に、この『スピリット・サークル』を好きな理由に、アクションシーンがある。攻撃が最たる例だが、キャラの一挙手一投足、ただ歩いたりするだけでも機敏さがあり、活き活きと動いているのが素人目にも判りやすい
    また、この巻では、風太の過去生である方太朗と、鉱子の過去生たる岩菜が刃を交えるシーンがあるのだが、これがまた、胸躍る
    語弊があるかもしれないが、この激しい純粋な感情が剥き出しにならなければ出ない血生臭さは、水上先生にしか出せないように思える。その点こそ、水上先生らしさ、とも言いたい。少年漫画のように、正義と悪がきっちり判別しやすいようになっている訳でもないから、どっちにも親近感が湧かないし、逆に、どっちかを謗る気も起きない。異なる信念は、ただぶつかるしかない、「憎しみは何も実らせない」なんて名言すら薄っぺらく感じさせるほどのリアリティがある、そこに私は惹かれる
    風太は見る度に、中学生の青い心が受け止めるには重い『過去生』に自分を失いそうになり、私たち読み手は読む都度、作品に引っ張られ過ぎて自分の存在感が強制的に薄くされそうになる
    ホントに、凄い漫画だ。もしかすると、前作の『惑星のさみだれ』を超えてしまうかも知れない

  • スピリットサークル 3巻:パターン崩しのためのパターン化展開か
    http://orecen.com/manga/spirit-circle03/

  • 毎度毎度縁が深くて大変です。ハンバーガー屋でそりゃ泣くよ!

  • あー!おもしろいー!
    過去生一つごとに映画を1本見た気持ちになる。しかもそれが全部つながってここにあんだぜ?
    今回は過去生の舞台が日本だったこともあり、「つながってる感」がすごかった。ぐっときた。大林先生…!
    しかも今回は完全に「よかったねEND」だし。それもつながってるゆえに分かったことだけど。

全13件中 1 - 10件を表示

水上悟志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スピリットサークル 03―魂環 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スピリットサークル 03―魂環 (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スピリットサークル 03―魂環 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スピリットサークル 03―魂環 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする