それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)

  • 296人登録
  • 4.64評価
    • (67)
    • (27)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 石黒正数
  • 少年画報社 (2017年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785959593

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • たぶんこれからもずっとだいすきな作品。
    素晴らしかった。

    こんな素敵な区切り方ってあるかしら。
    最終巻だけど物語は終わらない。
    廻り続ける。
    泣いた。

    石黒さんの描かれるお話はどれも秀逸で色んな色がある。

    心があったかくなるお話、
    思わず笑ってしまうお話、
    懐かしいノスタルジックな気持ちになるお話、
    SFちっくな壮大なお話、
    胸が苦しくなるような切ないお話、
    なんだか底の知れない、心がざわざわする不気味なお話。

    「それ町」はそれらが全部、主人公である歩鳥の日常とひと続きになったお話として味わえる、
    本当に、本当に素敵な物語だった。
    最終巻は特に全部詰まっていた。みんな「区切りよく終わらない」ラストであるとこに廻り続ける町や、愛すべき彼らのこれからを思わずにはいられない。

    歩鳥を筆頭とした、丸子商店街や高校の愛しい登場人物たちにこれからは新しい形で会えないのが寂しいな。
    個人的には歩鳥と紺先輩のコンビがだいすきでした。

  • 書き下ろしいいな

  • 最後まで読み応えある作品だった!

  • 天才の名をほしいままにした漫画がついに終結を迎えた.最後上手いなぁ危うく騙されるところだった,またその“オチ”も最高だわ,まるで最後にそれ言いたいがために漫画を描いてきたような.エピローグもまた秀逸だわ! おめでとうおめでとう言われたらエヴァみたいやんけ.

  • すばらしい最終巻。

    あらゆるストーリーラインが完結に向かい、締めの雰囲気からの最終話。
    からのエピローグ。

    すばらしい締めくくりだった。
    終わってしまったのは残念だけど、あのエピローグが見れたので満足。

  • 終わってしまったー!すんごく良い最後だった。廻覧板を見てまたイチから読み直すぞ!

  • 本当に好きな漫画だったのだが、完結してしまって残念。でも、最後まで、エピローグまでよかった。

  • なんだよそのエンディング!からのなんだよそのエピローグ!!やっぱりそれ町大好きだ。(あと紺先輩スペシャルの扉絵、可愛すぎる)

  • 最後がよかった。

  • 16巻(完結)読了!

    もともとシャッフル連載なので、どこで終わっても時間軸的には良いのでしょうが(だからこそ作者の方も何度でも読んでいろいろ発見してほしいのだと思います)、16巻はエピローグがあってこその★5です!これは本当に良い後日談でした。

  • いよいよ最終巻。
    丁寧に作り込まれた素晴らしい作品でした。

  • 案外淡々ともろもろの伏線を回収しにかかっていて、ああ連載を読んでいた人は「終わるんだな」ときっと実感していたんだろうなぁという最終巻。しかし作者あとがきにもある通り、時系列シャッフル故にあまり「終わり」に意味を持たない作品であることも確か。投げっぱなしな感じの「オチ」もそれ町らしい。

    ……などと油断していたらエピローグが! これを描かれてしまったら『それ町』は終わったのだなと、もう受け入れるしかない。見事なエピローグで、ちょっとホロッと。ネバーエンディングな漫画が、ちゃんと締めて終わってくれて、こちらとしても気持ちの整理がついたというか、そんな感じ。

    作中の歩鳥とタッツンのやり取りと、こちらも同じ気持ちである。本当に楽しかった!

  • 終わるべき所は終わり、続くところはまだまだ続く、そんな「登場人物の人生はまだまだ続くけど、とりあえず物語はしまい」そんな感じの最終巻。不思議は話もあったりしたけど、結局夢だったのかしら。

    しかし、エピローグはそっちが来るか。といった感じでグっと来た。

  • もはや言葉は必要なし。一言すれば,本当にエピローグにはやられました。作品を読んでため息をするくらいに,,,しびれました。作品全体のレビューは廻覧板に回します。

  • これまでの伏線を回収するための一冊だった.
    急いで回収して回るのがなーんか、そろそろ最終回なので風呂敷たたんで下さいってせっつかれている様子が透けて見えてしまうのが苦手.
    でも最後の3つの終わらせ方は良かった.
    「SF落ちは逃げ」ってのは最後から三つ目に対する自虐だろう. でも唐突なSF回はそれ町に重要なエッセンスだから、最終巻にそういうのが一つあるのはそれ町らしくて良い.
    一番最後はそういえば忘れていた伏線だった. 良い落ちだった.

  • 終わってしまって物寂しい...けれど回り回って続くから1巻から読み返し甲斐がある。
    最高でした。

  • 最終話が終わりじゃない、それでも=連載が終わっても町は廻っているってのが成立しているあたりに時系列シャッフルの利点ここに極まれりという最終巻。最終話が終わりじゃない、じゃあ最終話の後の時系列の回は何巻に載ってるんだろうと廻覧板片手に、廻る町の中へ何度でも入っていけるこの幸せよ。

  • 紺先輩関連は抑えめになり、広く結末のムードを漂わせ。
    しかしシャッフルだから永遠に繰り返せる。
    時間……ただの積み重ねではないのだ。
    素晴らしい漫画。

  • ついに終わってしまった…!
    雑誌で最終回読んだときは笑ったけど、書き下ろしエピローグ読んだら泣いた…。

    良い作品だった。
    歩鳥が賢いのが好きでした。
    回覧板も読みたいけどでかくて高いので躊躇している。

  • はー。
    「対決」の最終巻。

    連載最終回(?)の上手い閉め方もよかったけど、エピローグにある「対決の結末」が最高だったなぁ。見返しを読み返して感動ですよ。

    回覧板読んで、もっかい頭から読み返そう。

    そういえば、エピローグの、歩行杖ついてるおじいさん、何者だっけ???

  • 私の大好きなマンガがついに終わってしまいました……

    下町にある普通の喫茶店「シーサイド」が、突如としてメイド喫茶に。
    探偵を夢見る女子高生・嵐山歩鳥は、「シーサイド」でアルバイトをすることに。
    歩鳥に恋する真田君や、真田君に恋する辰野さん、個性あふれる友人や先生、家族や近所の住人達に囲まれて歩鳥の日常は続いていく……

    メイド喫茶が舞台ですが、萌え要素はほぼゼロですので、そっち方面に抵抗がある方(かく云う私もそうです)でも楽しめます。
    日常コメディをベースとしながら、SF、ミステリ、ホラー、ファンタジー、友情、恋愛……様々な要素が詰め込まれ、作者の才能がごちゃ混ぜになったおもちゃ箱のような素晴らしいマンガです。
    1~15巻までのエピソードの中で紡がれてきた伏線を回収しつつ、最終巻だというのに新たな謎が生まれたり……終わってしまったことが信じられません。
    心にぽっかり穴が空いてしまったような気持ちです。

    最終話からのエピローグの流れは秀逸。
    未読の方は、今すぐ全巻読むことをオススメします!

  • 終わっちゃった・・・

  • 構成も、締め方も、振りかえれば「時の流れ」を感じさせ、でも、読んでいる時はそれを微塵も感じさせない。
    1話に込める諧謔と洒脱。ずっと浸っていたい世界の一区切り。
    エピローグ、グッとくるじゃないか、こんちくしょうめ。

全26件中 1 - 25件を表示

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)の作品紹介

いつも愉快な歩鳥が大ボケかまします!
究極の天然が巻き起こす想定外なハプニング続出!
個性あふれる下町商店街のメンツに爆笑必至、下町の人々の人情味も味な抱腹絶倒ギャグコメディ!
11年にわたる大人気シリーズ遂に終幕!回覧板と同時発売!

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする