バラエティ化する宗教

  • 22人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 石井研士
  • 青弓社 (2010年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787210456

バラエティ化する宗教の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまり今までテレビで放映されているスピリチュアルなものに関心がなく、したがってどういうものなのか実態を把握しようとも思っていなかったのだが、本著を通して「なぜあれほどまでに多くの人がスピリチュアルな番組にハマるのか」がかなりわかった気がする。

    ようは、人間の深いところ、人間性がどーんと表れる番組が見たいのであって、スピリチュアリティはそれを彩る役割をそこで果たしているのだ。尤も、これはテレビに関わらず言えることではあるが。

    また、興味深いことに、視聴者はスピリチュアリティに対するヤジに、かなり自覚的であるということもわかった。というか、スピが好きな人が番組に対して求めているものと、ヤジをしている人たちがバカにしてえる部分が微妙にずれているため、イマイチ深い会話に発展していないと捉えるほうが正確だろう。

    江原と細木のスタンスの違いも、見ていない人間にとってはふむふむという感じ。

  • 4〜5

  • 昨今の江原氏のスピリチュアルブームについて語っている。
    でも見る人が喜んでいるのだし、癒されるのだったら、それでいいのではないか。江原さん自身、スピリチュアルカウンセラーと称しているのだから、何が問題なのだろうか。
    そして小中学生に見せたい番組にも入っていない。心が癒されるからだろう。日本人はもうみんな病んでいる、疲れているんだよ。時代が求めているんだよ。
    それに小中学生だって、ちゃんと分別があるから、むしろああいうスピリチュアルな番組は見ておいた方がよいということも理解しているようだ。

全3件中 1 - 3件を表示

バラエティ化する宗教の作品紹介

スピリチュアル番組や不思議現象番組、宗教団体の過剰報道など、いまや宗教はエンターテインメントとして発信されている。「スピリチュアリティとテレビの共犯関係」「宗教をめぐる報道とステレオタイプ」を軸に、バラエティ化する宗教の実像に迫る。

バラエティ化する宗教はこんな本です

バラエティ化する宗教のKindle版

ツイートする