ツチノコの民俗学―妖怪から未確認動物へ

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 伊藤龍平
  • 青弓社 (2008年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787220295

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サンキュータツオ
クリストファー・...
夏目漱石
ジェレミー・ウェ...
又吉 直樹
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ツチノコの民俗学―妖怪から未確認動物への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ツチノコってどうして人気があるのだろう。同じUMAでも雪男やネッシーと比べるとずいぶんと地味だ。いたってなんの不思議もない風体で、だいたい見た目そっくり(?)のトカゲがいる。ひょっとそのへんの草むらから出てきそうな親近感が人気の秘訣なんだろうか?

    面白いなと思うのは、坂道はごろごろ転がって移動するとか、猛毒があるとか、想像なのか体験談なのかよくわからない属性がくっついてくること。きっとこうだ、という思い込みがいつのまにか体験談に変換される過程はデマの発生過程でもあるけれど、相手がツチノコであれば微笑ましい。
    おそらく各地のツチノコ伝承も、似たような過程を経て成立してきたものなのだろう。

    ただ本書はまとまりに欠け、いまいち緊張を持続しにくい。蛇関係の民間伝承から、山本素石、水木しげる、矢口高雄に至る「ツチノコっぽい話」をいっぱい集めてきた、という印象だ。ツチノコ関連の文書なら片端から読みたい、という人には面白いかもしれない。

  • これからの季節ヘビを見かけることも多くなると思われますので「幻のヘビ」「ツチノコ」の本を紹介します。この本は「ツチノコ」が存在するのかしないのかという点には深入りはしていません。昔は妖怪として恐怖の存在だったが、「幻のヘビ」として世間を騒がせ、マンガに登場し観光資源にもなっています。マンガを通して海外にも紹介されますが、「ツチノコ」を何て訳すの・・・未確認動物なので訳で伝わらないのが残念!!

  • ツチノコという存在が民族社会において妖怪からどのように現在のUMAとして変遷していったのかを追った一冊。中心となるのは現在の「ツチノコ」という姿に集約される以前のツチノコ像を描く点にある。
    ツチノコに限らずこうした現象はUMA全般に見られる傾向ではあり、その具体的なケーススタディとして興味深い。

全6件中 1 - 6件を表示

ツチノコの民俗学―妖怪から未確認動物への作品紹介

江戸期には妖怪として畏怖されてきたツチノコは、1970年代に幻のヘビとして日本中を騒がせ、未確認動物として実在と不在の渦のなかでいまでも夢を与えつづけている。民間伝承では恐怖の存在だったツチノコが、マンガや観光資源になった足跡をたどる文化史。

ツチノコの民俗学―妖怪から未確認動物へはこんな本です

ツイートする