男でも女でもない性―インターセックス(半陰陽)を生きる

  • 13人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 橋本秀雄
  • 青弓社 (1998年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787231550

男でも女でもない性―インターセックス(半陰陽)を生きるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • きっと何を期待して読むのかによるのだけれど、私の期待していたものとは全くかけ離れていた。
    本書はインターセックスである著者の自伝集。きっとこれに救われる人はたくさんいるだろう。けれども、「私はこんなつらいめにあったんだ」だけでなくもっと主張してほしい。

    (まっちー)

  • 題材に興味があったので読んで見た訳ですが、まともに読めたと思えるのは最初の半陰陽の説明と、最後の告白文のみでした。
    のこりは、作者の日記というか作文というか、どうにも読みにくい表現のしかたが悪いと思える本でした。
    この本で一体何を言いたいのかがつかめず(基本的には、半陰陽の地位向上だとはおもうけど)、ただの作文のような感じでした。
    会話文にしても、誰が話しているのかわからない部分が多かったように感じます。
    人物名にしてもその人を知っているという前提条件で出してる部分もあったりして、そういったコトとかかわりの無い人には「誰?これ」となる部分がありました。
    この本が、そういったことに関わる人専用に書かれているなら理解できますが、あとがきに「6歳でもわかる」という記述があったので、一般人に半陰陽とはどういうものなのかということを広げるための本だと思います。
    それなのに、一部の人向けに書かれている部分や、ただの作文でしかない部分が多いのはいかがなんでしょうか。

  • ¥105

  • 2006/10/16

全4件中 1 - 4件を表示

男でも女でもない性―インターセックス(半陰陽)を生きるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

男でも女でもない性―インターセックス(半陰陽)を生きるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

男でも女でもない性―インターセックス(半陰陽)を生きるの作品紹介

男性器と女性器をあわせもって生まれた著者が、新生児の段階で性別を手術で決定してしまう現在の医療のあり方を批判し、性的トラウマを克服するまでの自分史をとおして、「性の自己決定権」の確立と「第三の性」の存在を力強く主張する。

男でも女でもない性―インターセックス(半陰陽)を生きるの単行本

ツイートする