社会は笑う―ボケとツッコミの人間関係 (青弓社ライブラリー)

  • 31人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (4)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 太田省一
  • 青弓社 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787231994

社会は笑う―ボケとツッコミの人間関係 (青弓社ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    テレビにみられる「ボケ」と「ツッコミ」と「フリ」をキーワードにさまざまな笑いの形態を詳細に考察し、主観と客観を巧みに交差させながら笑いに対する介入と放置を繰り返す送り手と受け手の意識構造を浮き彫りにして、「なんでもあり」の感覚を共有することで成立している、笑いを媒介にしたコミュニケーションの社会性を分析する。

    [ 目次 ]
    序章 「観客」と「視聴者」
    第1章 マンザイ的「笑い」の誕生―マンザイブームをめぐって
    第2章 「仲間」空間と「笑い」
    第3章 「笑い」が「感動」に変わるとき
    第4章 現代日本社会と「笑い」
    終章 「笑う社会」の行方

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

社会は笑う―ボケとツッコミの人間関係 (青弓社ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

社会は笑う―ボケとツッコミの人間関係 (青弓社ライブラリー)の作品紹介

マンザイブーム以降のテレビ的笑いの変遷をたどり、条件反射のように笑いを発しながらも、同時に冷静に評価するという両面性をもったボケとツッコミの応酬状況を考察し、独白であると同時に会話でもある擬似的なコミュニケーションが成立する社会性をさぐる。

ツイートする