謎の探検家菅野力夫

  • 31人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 若林純
  • 青弓社 (2010年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787233141

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

謎の探検家菅野力夫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治末期から昭和初期まで、世界中を探検してまわった痛快な男がいた。その名は菅野力夫。日本がようやく国際化しつつあった時代に、シベリア、中国、東南アジア、インド、南アフリカ、ハワイ、南米までをも股にかけて歩いた男の謎に満ちた生涯に迫る。

  • 冒険・探険は好きなので、実録物や探検家の評伝は何冊も
    読んだのだ。だが、この人は本書を手に取るまで知らなかった。

    それ以前に、この表紙のインパクトで手にしてしまったのだが。

    明治末から昭和初期にかけて、シベリアから南米までを旅した
    菅谷力夫は、絵はがき以外の足跡が不明のままその名も歴史の
    中に埋もれていた。

    晩年を過ごした福島県郡山市の離れから、多くの写真や新聞記事が
    発見されたことからやっと足跡が判明した。

    本書はその資料を元に書かれているのだが、8回に渡る世界探検
    旅行のルートや公演旅行の土地土地の羅列だけに終わっているのが
    残念だ。

    頭山満の書生になり、関東軍発行の通行許可証を所持し、海外の
    星製薬の支社に立ち寄っているところを見ると、菅家の人脈に
    興味を覚える。

    しかし、本人がまとまった日誌や記録を残していない為、探険先での
    エピソードなどは皆無。ただ、写真が豊富に掲載されているので、
    それを見るだけでも価値はあると思う。

    それにしても謎の多い人だな。

全2件中 1 - 2件を表示

謎の探検家菅野力夫の作品紹介

明治末期から昭和初期、近代化―脱亜入欧―太平洋戦争の時代に世界中を探検して回った菅野力夫。シベリア、中国、東南アジア、インド、南アフリカ、ハワイ、南米までをも股にかけて歩いた痛快無比の探検家の生涯を、貴重な写真350点を添えて描き出す。

謎の探検家菅野力夫はこんな本です

謎の探検家菅野力夫のKindle版

ツイートする