死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)

  • 32人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 櫻井悟史
  • 青弓社 (2011年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787233233

死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)の感想・レビュー・書評

  • 死刑について、死刑そのものより死刑を執行させられる刑務官に焦点を当てた本。
    著者が友人でもあるため、彼の活人論について予備知識があり、
    とても興味深く読めた。
    漫画や映画などで例える箇所が多々あり、学術書としては柔軟性がある。
    日本史と題するだけあって、中盤の死刑の歴史について詳細にかつわかりやすく書かれており、勉強になった。
    後がきでも少し触れていたが、今回の本は死刑執行人へと論点を当ててなぜ殺させられる職務の人がいるのかといった議題提示であったけど、その解決編というべきか、彼なりの結論を今後読んで見たいと思った。

  • 大上段に振りかぶっただけの序論。その後腰砕けに。というのも、現実の制度としての死刑について、どうして司法手続と行政手続にすっぱり分けて論じることができるのか、理解に苦しむ。また、旗幟を鮮明にせずこの問題を論じるの卑怯だと思う。要は、「人文科学」の論にありがちな思考実験的な論に終始していると言わざるをえない。それに、簡単に手に入る「二次資料」を集めて、とりあえず時間軸上にプロットしただけ。これを「歴史社会学」とはおこがましい限り。この分野に関心を持ってある程度知識がある者にとっては得るものはない。なによりも、致命的なのは、読み物としても面白く無いこと。

    ここの出版社のこのシリーズは、それほどすぐれてもいない修士論文を単行本化していることが多かったはず。取扱注意。

  • 丹念に論述してはいるが、死刑執行「人」というテーマはやはり狭すぎるように思われる。

全3件中 1 - 3件を表示

死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)を本棚に登録しているひと

死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)の作品紹介

日本で死刑執行を担ってきたのは誰なのか、死刑執行人を選ぶ社会的条件とはなにかを、江戸期の山田浅右衛門や明治期の監獄の押丁・看守の事例を取り上げて明らかにし、究極的には国家ではなく「人が人を殺す」という、死刑執行をめぐる諸問題を解きほぐす。

死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)はこんな本です

死刑執行人の日本史―歴史社会学からの接近 (青弓社ライブラリー)のKindle版

ツイートする