テレビが見世物だったころ: 初期テレビジョンの考古学

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 飯田豊
  • 青弓社 (2016年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787233998

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シルヴァン・バー...
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印

テレビが見世物だったころ: 初期テレビジョンの考古学の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

テレビが見世物だったころ: 初期テレビジョンの考古学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テレビが見世物だったころ: 初期テレビジョンの考古学を本棚に「積読」で登録しているひと

テレビが見世物だったころ: 初期テレビジョンの考古学の作品紹介

戦前の日本で、多様なアクターがテレビジョンという技術に魅了され、社会的な承認を獲得しようとしながら技術革新を目指していた事実を照射する。「戦後・街頭テレビ・力道山」という放送史の神話によって忘却されたテレビジョンの近代を跡づける技術社会史。

ツイートする