里の春、山の春

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 新美南吉
制作 : 鈴木 靖将 
  • 新樹社 (2015年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784787586414

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユージーン トリ...
ポール・フライシ...
ヨシタケ シンス...
アーノルド・ロー...
ウィリアム スタ...
メアリー・リン ...
tupera t...
マージェリー カ...
長谷川 義史
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

里の春、山の春の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 優しい。新美南吉らしさで溢れている。人間の交流。親子の愛情。春の暖かさや春の匂い。全てが優しい、ホッと気持ちがあたたかくなる。

  • 読み聞かせ所要時間:4分半

  • 生まれて初めて春をむかえる、こじかのぼうや。春とはどんなものかお父さんや、お母さんに聞いたり、山をかけめぐっているうちに、いろんな「春」に出会います。里におりると、人間のおじいさんに桜のかんざしをつけてもらって・・・。こじかをむかえる春の様子が温かく描かれています。(約5分)

  • 2016年4月1日

    装幀/川畑博昭+川畑未明

  • 29年度 5-3
    27年度(1-3)
    4分

全5件中 1 - 5件を表示

里の春、山の春の作品紹介

「春って、どんなもの?」そうした子鹿の好奇心に親鹿は、やさしく応えます。心があたたかくなる南吉童話。

里の春、山の春はこんな本です

里の春、山の春の単行本

里の春、山の春のAudible版

里の春、山の春のAudible版

ツイートする