なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 宮内 泰介 
  • 新泉社 (2013年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787713018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル カー...
池井戸 潤
ミヒャエル・エン...
エリック・ブリニ...
イヴォン・シュイ...
トマ・ピケティ
レイチェル・L....
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 519.13||Mi

  • 環境保全プロジェクトのガバナンスについての本だが、複数の人間が関わるプロジェクトがどうしてうまくいかないのか?という普遍的な問いに答える本となっている。とても面白い本。 詳細なレビューはブログに書いています。

全2件中 1 - 2件を表示

なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性の作品紹介

「正しい」しくみにもとづき、よかれと思って進められる環境保全策。ところが、現実にはうまくいかないことが多いのはなぜだろうか?地域社会の多元的な価値観を大切にし、試行錯誤をくりかえしながら、柔軟に変化させていく順応的な協働の環境ガバナンスの可能性を探る。

なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性はこんな本です

ツイートする