未開人の性生活

  • 10人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 泉 靖一  島 澄  蒲生 正男 
  • 新泉社 (1999年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787771070

未開人の性生活の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    1914年からの4年間をメラネシアの島ですごした著者が母系氏族制の中での男女の恋愛・結婚および種族生活の諸関係を分析し、文化人類学に文化現象を共同体と切り離さず有機的に把えようとする機能主義の新しい方向を拓いた名著である。

    [ 目次 ]
    種族生活における両性の関係
    女性の地位
    結婚前の性交渉
    結婚への道
    結婚
    離婚と死別による結婚の解消
    生殖と妊娠に関する考えと慣習
    妊娠と出生
    慣習的な放縦の諸形態
    求愛および性愛生活の心理〔ほか〕

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 生殖と妊娠

    死んだ人は霊として入り江の海岸で彷徨っていると考えられている
    その場所を死者の島(トウマ)
    トウマで霊は海水で洗うごとに若返り、若者となり、やがて幼児となる
    その幼児が妊婦の頭毛の中へ、このとき、幼児は妊婦らの祖先(亡き父母)と考えられており、その幼児を妊婦のところまで運ぶ役割を他の霊(主に母方の親戚)が果たす
    妊婦の頭の中に入った幼児はやがて頭痛や吐き気を催させ、出産へと至る。また、幼児は妊婦の血液で育つので月経が止まると考えられている

    沐浴する女性の中に入ってくるともされており、若者は避ける場合アリ
    妊娠したい女性は枕元に海水の入った容器を置いて寝る→霊が入り易くなる


    おもしろいね。

全2件中 1 - 2件を表示

未開人の性生活に関連するまとめ

ツイートする