文学をいかに語るか―方法論とトポス

  • 12人登録
  • 4.20評価
    • (3)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 大浦 康介 
  • 新曜社 (1996年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788505643

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文学をいかに語るか―方法論とトポスの感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

文学をいかに語るか―方法論とトポスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

文学をいかに語るか―方法論とトポスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文学をいかに語るか―方法論とトポスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文学をいかに語るか―方法論とトポスの作品紹介

読むための理論から語るための理論へ。文学が衰弱しているように見えるとしたら、それは何よりもわれわれが文学を生き生きと語る術を失ったからだ。文学を語り合うための技法を実践的かつ多面的に提示する。

ツイートする