セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクス

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Ken Plummer  桜井 厚  小林 多寿子  好井 裕明 
  • 新曜社 (1998年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788506442

セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ギデンズの『親密性〜』と問題構成は、ほぼ同じ(だとしか思えない)。トピックがアディクションからセクシュアリティの語り(「カミングアウト・ストーリー」「レイプ・ストーリー」「回復のストーリー」)に焦点が移行している点、ストーリーの社会学を明確に指向している点が特徴。頁数がやたら多く、反復も多いので、その点、もう少しコンパクトだったらいいのに。ストーリーを受容するコミュニティやマスメディアにも触れている点はわかり易い。不満は、「回復のストーリー」の説得力がやや弱いところと、反復ゆえの厚み(笑)。こちらも★3.5くらいかなあ。

全1件中 1 - 1件を表示

セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクスを本棚に「積読」で登録しているひと

セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクスの作品紹介

カミングアウトからトークショウまで。人はなぜ自分の性生活や性経験についてあからさまに話し始めたのか。語りの社会学のために。

セクシュアル・ストーリーの時代―語りのポリティクスはこんな本です

ツイートする