もうひとつの視覚―〈見えない視覚〉はどのように発見されたか

  • 66人登録
  • 3.88評価
    • (4)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 鈴木 光太郎  工藤 信雄 
  • 新曜社 (2008年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788511033

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
アントニオ・R・...
シーナ・アイエン...
ジャコモ ・リゾ...
有効な右矢印 無効な右矢印

もうひとつの視覚―〈見えない視覚〉はどのように発見されたかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目で見たものが何であるかの判断(これはりんごだ!)と、
    それに対する行動を生成する(大きめだから手を大きくひろげて掴もう!)のは、
    脳みその別の部位で異なったシステムを用いて行われていますよ、という話。

    著者の二人は、「運動のための視覚」と「認知のための視覚」は別だ!ということを検証するために、
    1990年くらいからずっといろいろな実験を行っている、その分野では有名な研究者。
    この本は、脳損傷の患者さんが呈する症状の記述を中心に、
    2つの経路の存在とその役割についてわかっていることを、一冊にまとめたものです。
    原著は2004年だったかな、もう内容的には古いかもしれません。

    オリバーサックスほど丁寧な記述ではなく、淡々と進みます。
    それほどややこしい理論でもないので、読みやすさはマル。

    Goodaleたちの研究をおさらいしたい人には非常に便利ですが、
    もうちょっと広い視野が欲しいし、ちょっと淡白すぎる、と感じました。

  • これは非常に面白い。意識されない、もうひとつの視覚とは一体。「見る」ことと「行動」することのズレは、掴む系の武術をやっている人はかなり興味深い内容だと思う。良書です。

  • 視覚が運動と知覚の二つ以上の脳神経があるという事を論じた本である。なかなか興味深い。

  • 「見る」行為は「読み解く」能力を意味する。連合型視覚失認と関連性があるかどうかはわからないが、長期間にわたって眼の不自由な人が手術で見えるようになると様々な視覚障害が報告されている。彼らは錯視画像を見ても錯覚することがない。また顔の表情も認知できない。

    http://sessendo.blogspot.com/2011/09/blog-post_03.html

  • 行為のための視覚と知覚表象のための知覚が分かれていること。
    意識できる視覚と無意識の視覚があること。
    刹那の視覚と過去未来の観念を生み出す視覚があること。

  • 視覚のシステムは なんと もう一つどころではなく もっとたくさんあるんだよ という最近読んだ中で 実はこれが一番 面白かった本認知のシステムって 本当にすごいし 面白い。

  • 見えないのに見える不思議−知覚システムと行為のシステム

全7件中 1 - 7件を表示

もうひとつの視覚―〈見えない視覚〉はどのように発見されたかを本棚に登録しているひと

もうひとつの視覚―〈見えない視覚〉はどのように発見されたかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もうひとつの視覚―〈見えない視覚〉はどのように発見されたかを本棚に「積読」で登録しているひと

もうひとつの視覚―〈見えない視覚〉はどのように発見されたかはこんな本です

ツイートする