発達科学ハンドブック7 災害・危機と人間

  • 10人登録
  • 2レビュー
制作 : 日本発達心理学会 
  • 新曜社 (2013年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788513655

発達科学ハンドブック7 災害・危機と人間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上市秀雄・楠見孝 第16章 リスク認知 
    を分担執筆しました。

全2件中 1 - 2件を表示

発達科学ハンドブック7 災害・危機と人間を本棚に「読みたい」で登録しているひと

発達科学ハンドブック7 災害・危機と人間を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

発達科学ハンドブック7 災害・危機と人間の作品紹介

東日本大震災は私たちの暮らしを根底からゆさぶり、人間の本質や社会のありようを深く考えさせるものでした。多様な災害・危機に、人はどのように対処すべきなのでしょうか?

本書では、自然災害、汚染物質、戦争、虐待といった危機的状況が、個人、家族、社会・文化に与える影響を発達科学の観点から検証し、死と喪失、リスク認知、メディアの役割、ボランティア、復興のプロセスなどのキーワードから、災害時、また支援や防災における人間の行動・発達にアプローチします。事例編では現場へのフィードバックにも役立つ貴重な実例を紹介。理論・方法論と実践的視点から災害社会を生き抜く道を探ります。

発達科学ハンドブック7 災害・危機と人間はこんな本です

ツイートする