坂口安吾の未来 危機の時代と文学

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮澤隆義
  • 新曜社 (2015年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788514201

坂口安吾の未来 危機の時代と文学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  「主体化」をテーマに坂口安吾の文業を読み解く。安吾の小説テクストにかんする分析もふくむが、筆者の関心はむしろ、安吾テクストを貫く〈思想〉に傾斜している。
     その点ではごくオーソドックスな作家論で、作家論だから悪いというのではないのだが、一貫性あるモノグラフとしてもこの本を成立させようというスタンスが、かえって、安吾をめぐる筆者の思考を掣肘している側面があるように見えるのは、私の僻目だろうか。完成度はたしかに高い1冊だが、文学研究での課程博士論文が直面するジレンマから決して自由ではないように思う。
     著者の2冊目に期待したい。

全1件中 1 - 1件を表示

坂口安吾の未来 危機の時代と文学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

坂口安吾の未来 危機の時代と文学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする