天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまで

  • 85人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (8)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 熊谷高幸
  • 新曜社 (2015年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788514249

天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正確には「孤独が天才を伸ばすことがある」というところか。四分割表で考えれば「孤独でなかった天才」「孤独だが天才でなかったもの」を無視できまい。自分の研究、説に合致する例を持ってきた、ということを理解した上で、孤独も悪くないというお話として読める。

  • 天才と呼ばれる6人には、孤独な少年時代を過ごしたという共通した経験があったとことを軸に、天才となる条件を心理学から紐解いていく。
    登場する天才たちは、
     レオナルド・ダ・ヴィンチ
     アイザック・ニュートン
     夏目漱石
     アルベルト・アインシュタイン
     トーマス・アルヴァ・エジソン
     スティーブ・ジョブズ
    の6人。
    自閉症やADHDなどを抱えていたからこそ、他の者たちとは別の見方をすることが出来たとする考えは、言われてみればそうなのかも、と思う。

  • ダヴィンチ、ニュートン、エジソン、漱石、アインシュタイン、ジョブズという6人の天才と呼ばれる人物を取り上げ、発達心理学の観点から天才というものを捉えた本書。
    持って生まれた特質に加え、その才能を開花させるのに、雑音に惑わされず彼らの思考世界に存分に浸れる孤独と、その才能を感じとって力を貸してくれる支援者が不可欠だったという話。

    発達心理学の視点はなかなか興味深かったが、最終章では、根拠が示されず著者の憶測で語られている部分も多く、少し興ざめしてしまった。

  • 各天才の少年期はどのような人物だったのだろうか。そこには共通して孤独であったり、発達障害と思われる行動だったりする。興味深い。

  • 友人関係に悩む十代が読むとよさそう。
    ただ周りから浮いてることが天才とは限らないけど。
    人様に役立つことを何か残せなきゃ単なる変人だ。

  •  孤独について思いを馳せるきっかけになった。
    昔持っていた自分だけの世界が思い出され、すこし寂しい思いがした。
     最終章の『天才と現代の教育』についての記述が的を得ていて気持ちよかった。同時に、自分が勉強している中で感じる息苦しさを説明しているような内容が多くあり、叫びたい内容が満載だった。
     読み終わって、むりやり現実に合わせている息苦しさを思い出して、気分が悪くなった。久しぶりにコアに響く内容だった。
     

  • アスペルガーもしくはADHDだったと思われる天才たちを取り上げ、「障害」と才能の発揮について語る。予想外に良かった。
    一つは、天才その人にばかり着目するのではなく、それを支え世の中とつないだ支援者の存在に光をあてていること。
    もう一つは、才能ではなく、才能の発揮について述べていること。世の中に影響力を与えて初めて我々が恩恵を受けられるわけで、いくら才能があっても世の中と断絶していたら何も生まれない。
    最後に、このある程度世間から外れ内にこもりがちな時期や状態を才能の発揮に必要な、大切な孤独と位置づけていること。
    自閉症スペクトラムという名前の「自閉」が持つ豊かさについて語ってくれた気がする。

  • 天才の人生を体系的に一気に学べるところがよい。
    根拠のない推測も多く邪魔に感じることが多かった。

  • 忘れ物の多さは思考の集中度の高さの表れ

全9件中 1 - 9件を表示

天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまでを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまでを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまではこんな本です

ツイートする