犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 越智啓太
  • 新曜社 (2015年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788514416

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)の感想・レビュー・書評

  • 犯罪心理学でとくにプロファイリングを中心にした、学生、大学院生向けの教科書をイメージして書かれた本。もう一つの本よりはもう少し専門用語が多い感じです。

  • 基本的な考え方、技術や歴史的経緯をまず把握しようという教科書的な一冊。この後、註にある文献に当たっていくことが想定されているのだと思います。
    自分の中で情報を整理することができました。
    割と基本的なことが分かってなかった……プロファイリングというと、日本では映画や小説・読み物で触れる機会が多いのはFBI方式だけれども、ほとんどの国で実際に利用されているのは計量的な側面の強いリヴァプール方式だとか、インターネットの登場によって生じた変化について。

    器物破損か動物愛護法違反のところ、真顔で書かれているんだろうなという気がする。思わず笑ってしまいました。

全2件中 1 - 2件を表示

犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)に関連するまとめ

犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)を本棚に登録しているひと

犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)を本棚に「積読」で登録しているひと

犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)はこんな本です

ツイートする