モバイル社会を生きる子どもたち―「ケータイ」世代の教育と子育て

  • 16人登録
  • 2.20評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 近藤昭一
  • 時事通信出版局 (2011年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788711570

モバイル社会を生きる子どもたち―「ケータイ」世代の教育と子育ての感想・レビュー・書評

  • 1,子供が、自分のことを大切だと思って居てくれる人がこんなにいる。と感じ、自分にも大切な人がこんなにいる。と実感できるように、保護者は協働と役割、そして大切な一との出会いを子育ての場に用意し、人とのつながりの圧倒的な実感の威力をぶつけていく。
    2,近隣の人から大切にされた経験は、子供の心の中に長く残り、成長の過程における社会性の取得に大いに役立つ。
    3,心配なのという心情や言葉は、相手を認めていない事が伝わり、保護者の気持ちが空回りしてしまう。・・・支配感情。 子供は当然、拒否する。
    4,悪いことをやったことは子供の責任であり、保護者はそれを支援し、励ます役割を担うことしか出来ない。役割の明確化。
    5,親の背中を見て子は育つ。何気なく見ていた両親の生き方や人への接し方は実感となり、価値あるものとして自分の身となって行く。

  • 今の御時世これだけのIT社会なので、子供の育ち方にも必ず影響があると思うのでこの手の本を読み漁り中。 この本は割と典型的な、インターネットやら何やらが子供に与える影響や、最近の動向をまとめた悪影響の方面に特化した内容。悪影響もあるけど良い影響もあると思うので、コレばかりは鵜呑みに出来ないけれど内容的には面白く参考にはなると思う。

  • 図書館で借りた本。もっと実際のデータが多いとよかったかな。
    基本的に、教育者である著者の経験や持論の記述があり、それをふまえた上でのこれからの子育て法がいくつか紹介されていた。
    大筋では賛成。とくに、近所や地域共同体の運営に積極的に参加して、地域とのつながりを高めることが大切という点。
    …しかし、元々は、著者の世代(団塊)の人たちが田舎から出てきて、地域をないがしろにした世代じゃないのかなー、その子供たちが地域を省みないのは当たり前なんじゃないのかな、そういう反省はこの人はお持ちじゃないのかな、とちょっとくさしてみたくなりました。

  • •モバイル社会を一方的に批判するのではなく、うまくつきあっていく
    •子どものモバイルへの付き合いかたの方法、手段の提案がないのが残念
    •トラブル時の対応方法はなにもモバイル社会であるからではなく、普遍的なトラブル対処方法である
    •自分の言葉で対処する。自分の言葉とは自分の気持ち。
    •一緒になって体験する
    •地域社会に親である自分が参加しているか、子を映す鏡ということ
    •ネットワークコミュニケーションのキーワードは「間接」と「双方向」

全4件中 1 - 4件を表示

モバイル社会を生きる子どもたち―「ケータイ」世代の教育と子育てを本棚に登録しているひと

モバイル社会を生きる子どもたち―「ケータイ」世代の教育と子育てを本棚に「読みたい」で登録しているひと

モバイル社会を生きる子どもたち―「ケータイ」世代の教育と子育ての作品紹介

「ケータイ」世代の教育・子育ての課題を解き明かす、必読の書。子どもたちは、なぜケータイに魅入られ、メールやプロフ・ブログに依存するのか-。この疑問を心の成長を視点に解明し、モバイル社会に必要な教育・子育てを提言する。

モバイル社会を生きる子どもたち―「ケータイ」世代の教育と子育てはこんな本です

ツイートする