スマホで馬鹿になる

  • 28人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 和田秀樹
  • 時事通信社 (2014年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788713369

スマホで馬鹿になるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の中高生には1日中スマホを話せない子ども達が増えている。スマホ依存症は、アルコールやパチンコなどと同様、治療しないといけない。しかし、日本のビジネスは、依存症により儲けるという姿勢があるのでなかなか阻めない。保護者や学校がきちんと病気をとして対応しなければならない。

  • 依存症には気をつけたい。

  • 当たり前のように流通している情報のアイテム、スマホの危険性について、忠実に書かれています。
    情報規制の無い日本だからこそ、個人の責任が問われる。
    親は、子どもを守る必要性が出ている等、とても参考になりました。

  • スマホ依存は子供だけでなく大人も問題。
    もうどうにもならないのではないだろうか。
    学力は間違いなく落ちる。
    親がスマホに依存していたら、子供も依存するようになる。

全4件中 1 - 4件を表示

スマホで馬鹿になるの作品紹介

中高生の50万人以上が依存症!あなたの子どもは大丈夫!?危険すぎるスマホ依存。親がとるべき対策はこれだ!

スマホで馬鹿になるはこんな本です

ツイートする