上司という仕事のつとめ方

  • 41人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 松山淳
  • 実務教育出版 (2008年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788907676

上司という仕事のつとめ方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまり響かなかった…

  • どーでも良いですが、目次、長いっすねぇ~(^^;

    <目次>
    第1章◎完璧な上司を目指さなくていい
    1-1部下から陰口を叩かれるぐらいでいい
    1-2上司は「矛盾」していてもいい
    1-3カリスマ上司になんてならなくていい
    1-4嫌いな部下がいるのは普通のことです
    1-5苦手な部下はあなたを成長させてくれます
    1-6部下が三年で辞めるのはあなたのせいではありません

    第2章◎自分らしい「リーダーシップ」でいく
    2-1リーダーシップの発揮は人それぞれです
    2-2リーダーシップとマネジメントの違いを知る
    2-3ほめても叱っても怒ってもいいのです
    2-4部下に尽くすという「リーダーシップ」もあります
    2-5上司は雄弁であるより「黙る力」をもつ
    2-6部下に「弱み」を見せてもいいのです
    2-7 上司が心を開けば、部下も心を開きます
    2-8部下を「ほめる」ことが苦手な上司の気づき

    第3章◎部下育成に「決まり」なんてない
    3-1部下に教えるとは、上司が教えられること
    3-2部下が育つには時間がかかります
    3-3問題の多い部下は組織全体の「問題」を象徴しているかもしれません
    3-4恐れるべきは失敗ではなく挑戦しなくなること
    3-5できる人もできない人もいるのが職場です
    3-6 挨拶ひとつで変わるものがあります
    3-7職場の「外」でも部下を育てる
    3-8部下の「公共心」をどう育てるか

    第4章◎「やる気」は上司と部下の間を循環する
    4-1上司だって「やる気」を失うときがあっていい
    4-2あなたが提供できる「報酬」は何ですか
    4-3他人から認められてこそ「やる気」は引き出されます
    4-4他人との比較をやめると「やる気」は維持できます
    4-5未来への夢や希望が「やる気」を高めます
    4-6 過去のささやかな体験が人の「やる気」を支えます
    4-7上司のひと言が部下の人生を変えてしまうことがあります

    第5章◎職場にはもうひとつの「問題」がある
    5-1部下を潰してしまう上司がいる
    5-2職場から会話がまったく消えている
    5-3メールでばかり指示命令を出す上司がいる
    5-4非常識な新人を抱えてストレスがたまる
    5-5育休をとった女性リーダーに冷たい視線がそそがれる
    5-6管理職の給料が残業代を稼ぐ部下よりも安い
    5-7成果主義の名残で職場がギスギスしている
    5-8 中年管理職に訪れるさまざまな心の危機

    第6章◎直面する「困った」にどう対処するか
    6-1「三年で辞める若者」を生み出さない策
    6-2反抗する部下は「困っている」のかもしれない
    6-3部下が「うつ病」ぎみになっている
    6-4部下に仕事を任せられない本当の理由
    6-5 若手社員が次の「管理職」になりたがらない
    6-6 部下が「辞めたい」と言ってきたとき
    6-7 法律にふれる「不正」に遭遇した
    6- 8トラブルから逃げる「上司」になってはいけない

    第7章◎「上司」としての自分の哲学をもつ
    7-1多くの上司が孤独を抱えている
    7-2手本となる上司がいたらどんどん真似する

  • 完璧を求めない、というのは少し楽になった

  • 09/03/15
    4月から部下を一人持つかもしれない、ということであわてて読み始める。
    自己開示。人間味。黙る力。
    部下のために。存在を認めてあげる。
    嫌われても仕方ない
    うざいくらいがちょうどいい。

  • 2009/01

全7件中 1 - 7件を表示

上司という仕事のつとめ方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

上司という仕事のつとめ方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

上司という仕事のつとめ方はこんな本です

ツイートする