親の認知症が心配になったら読む本[新訂版]

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小川陽子
制作 : 市来嵜 潔 
  • 実務教育出版 (2013年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788908130

親の認知症が心配になったら読む本[新訂版]の感想・レビュー・書評

  • チェック項目16箇所。認知症とは、記憶や判断力が弱まることでさまざまな症状があらわれる脳の病の総称です、病の原因はさまざまですが、それまでできていた仕事、家事ができなくなり、暮らしぶりや人づき合いにも変化が出て、日常生活が困難になっていきます。認知症の人が突然わけのわからないことを言ったり、うろうろ動きまわり、幻覚や幻聴が混ざった状態になることがあります、これは脱水から引き起こされるせん妄の場合があります。便秘の原因は、生活のリズムの狂い、運動不足、食事、精神的要因、薬の副作用など、さまざま、年をとると便秘になりやすくなるのは、これらの原因が生活の中に増えるからです。

全1件中 1 - 1件を表示

親の認知症が心配になったら読む本[新訂版]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

親の認知症が心配になったら読む本[新訂版]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

親の認知症が心配になったら読む本[新訂版]はこんな本です

親の認知症が心配になったら読む本[新訂版]の単行本

ツイートする