デスクワークの肩こり・腰痛・身体疲れを取る

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河合智則
  • 実務教育出版 (2015年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788910935

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サンキュータツオ
有効な右矢印 無効な右矢印

デスクワークの肩こり・腰痛・身体疲れを取るの感想・レビュー・書評

  • 首や腰のストレッチの方法もイラスト付き簡単でわかりやすい。職場で10秒くらいでできるものばかり。できることならもう少し沢山のストレッチを知りたいです。
    文章も、水分摂取と大切さだったり姿勢の話だったり、1つ1つの項目が具体的で、短くて読みやすいです。

  •  今回は『本が好き!』様からの献本です。ありがとうございます。

     今回の本は驚きの連続だった。何が驚いたかというと「デスクワーカーもアスリートです」、「疲れる人は疲れるように座っている」といった著者の主張だ。前者に関しては、体に関する負担はアスリートもデスクワーカーも同じとは今まで思いもしなかっただけに、新しい視点だ。後者に関しても、自分から疲れを手招きするような座り方をしていて疲れたと言って自滅していたのかと後悔する今日この頃だ。

     シリコンバレーで支持されたガチガチに硬くなった筋肉をほぐすやり方を紹介している。最低でも1日1回、疲れがたまった時や、仕事が終わってやれやれとなった時にやってみて下さいと書かれている。自己流にアレンジしたりせずに、著者のやり方に沿ってやってみるか。こういうところで創造力をはたかせる必要はないのだから。

     デスクの高さやパソコンの位置も筋肉残りに影響しているので、一度見直して体に優しい位置に設置して利用するのがいいと述べている。

     こうやって見ると現代社会は、筋肉の凝りをどんどん発生させる社会だけにこういう本を利用して体のケアをしていくのがいい。あのマーリンズのイチロー選手が体の柔軟性にこだわりを持っているは、筋肉が硬いと試合でいいパフォーマンスを出せないのを知っているからだな。体の柔らかさと頭の柔らかさはあって困ることはない。



     

全2件中 1 - 2件を表示

デスクワークの肩こり・腰痛・身体疲れを取るを本棚に登録しているひと

デスクワークの肩こり・腰痛・身体疲れを取るを本棚に「読みたい」で登録しているひと

デスクワークの肩こり・腰痛・身体疲れを取るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デスクワークの肩こり・腰痛・身体疲れを取るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする