いまさら聞けない! 「経済」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 髙橋洋一
  • 実務教育出版 (2017年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788912946

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

いまさら聞けない! 「経済」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  経済学の知識をまるで持っていない自分が読んでもよくわかった。

     「プレミアムフライデーって効果あるの?」という疑問には期待できないとばっさり。
     月末の金曜日に早く帰れるサラリーマンがどんだけいるのか、と自分も疑問に思っていたが、そういうことではなく、マクロ経済とミクロ経済の観点から解説している。

     プレミアムフライデーはミクロ経済の発想からつくられた政策なので、景気回復の起爆剤になんてなるわけないとのこと。
     個人が自由に使えるお金(ひと月当たりのお小遣い)が増えてるわけではないから、こんな政策は、お金を使う日がずれただけと厳しい。

     多くの人がモヤモヤと思っていたことに、ズバッと正解を聞けた感じ。
     
     飲食店や小売店、サービス業に従事している方でプレミアムフライデーになにかイベントしようと思って頭を悩ましている方は、無駄なことなので、きっぱりやめましょう。

     また消費税増税を正当化する国の借金・国債については、全然問題ないとのご意見。

    「国の借金を個人の借金に例えること自体がおかしい。財務省は負債の大きさばかりアピールするのでなく、膨大な資産についてもアピールすべき」とのこと。
     知らなかったが、国にも会社の貸借対照表にあたるものがあるらしい。20年くらい前に著者が大蔵省の官僚だった時に初めて作った。役所というのは前例主義だから、一度作ると年々作り続けて、いまも作っているようだ。
     
     平成27年度版の貸借対照表をみると、借金も膨大だが、資産も膨大のようだ。有価証券も貸付金も膨大、子会社も膨大。要するに天下り先が無くなるのが嫌なので、国民一人当たりに800万以上の借金があるとか言ってるだけ。

     年金だって破綻しない。なぜなら、だって破綻しないようにできているから。どうしてには答えてくれていないが、「金融商品を売りたい金融機関や増税したい財務省が不安を煽っているだけ」が正解らしい。


     読後の最終的な感想は
     
     ほんと? 信じていいの?

     信じていいなら老後は明るい。

  • 高橋洋一さんのエントリー本
    ビギナー向けに 平易な言葉に徹していてとても分かり易い
    高橋さんの此れまでの著作を読んでいたので
    本作は既知のことが多いけれど、
    理解がフワッとして薄かったことの再点検にとても役立った

    関税のくだりは特に面白く、
    農業保護の話題で、
    「特定の産業を守る必要はない」と言い切る清々しさ!!
    そうだねーとうなずき、
    ナンセンスな極論だけど ラーメン屋さんだけ保護する税制政策なんて あり得ないしねーと 拡大して想像してしまった

    「ちょっとだけ優位性のあることにスライドすれば、仕事がまったくなくなることはない。」と結んでいることもダメ押しで納得!

全2件中 1 - 2件を表示

髙橋洋一の作品一覧

髙橋洋一の作品ランキング・新刊情報

いまさら聞けない! 「経済」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?を本棚に登録しているひと

いまさら聞けない! 「経済」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いまさら聞けない! 「経済」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いまさら聞けない! 「経済」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?はこんな本です

ツイートする