彼女はいつもおなかをすかせている

  • 23人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Andreas Sta¨ikos  伏見 イワン 
  • ソニーマガジンズ (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789719490

彼女はいつもおなかをすかせているの感想・レビュー・書評

  • 世界一セックスの回数が多いと噂されるギリシャ人ですが、今こういう本が書かれているわけですか。セクシーな人妻ナナにめろめろの隣住まいの男性ふたりが彼女への欲情を料理で表現し対決する。レシピが付属しているが絵や写真はなく、聞いたこと無い名前がいっぱいあるのでググりながら読んでいる。

  • ザ訳文という感じの文体が苦手なので、海外小説は苦手。これは比較的読みやすいのかな…

    料理がたくさん出てくるけど、ギリシャ料理の想像がつかなくてもどかしかった。それでだいぶ損をしてると思う。

  • すばらしく美味しい食事を作ってくれて、彼女にぞっこんな男性が二人。しかもその二人は隣同士に住んでいる。
    その二人が偶然出会い、同じ既婚女性を愛人にしていると知って、何とか相手を出し抜こうとするお話。
    最後のオチが効いている。
    惜しむらくは作中に出てくるのが余り馴染みのない料理で、こちらの食欲をそそらない事。さすがにギリシア料理の名前が出てきても、よく分からないや。
    段落の合間に書いてあるレシピも余りそそられなかった。そちら方面が好きな人が読んだらもっと面白いのかも。
    しかしこんな料理上手な男性が自分の身近にもいてくれたらなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

彼女はいつもおなかをすかせているはこんな本です

彼女はいつもおなかをすかせているのペーパーバック

彼女はいつもおなかをすかせているのKindle版

彼女はいつもおなかをすかせているのハードカバー

ツイートする