ブルーベリー・マフィンは復讐する (ヴィレッジブックス)

  • 165人登録
  • 3.55評価
    • (15)
    • (25)
    • (54)
    • (2)
    • (0)
  • 22レビュー
  • ソニーマガジンズ (2004年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789721981

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ブルーベリー・マフィンは復讐する (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • お菓子探偵ハンナのシリーズ3作目。

    故郷のミネソタ州レイク・エデンで、クッキーの店を出したハンナ・スウェンセン。
    「クッキー・ジャー」は自慢の手作りクッキーを出すカフェで、評判となっている。
    前作の終わりで、助手のリサを共同経営者に格上げした。
    ハンナは大柄で、癖のある赤毛、おしゃれにはこだわらない。
    全然似ていない小柄な美人の妹のアンドリアとも、足りない所を補う名コンビになりつつあり、姉妹探偵の楽しさがあります。

    レイク・エデンは夏は避暑地として人気だが、秋になると寂れだし、真冬の町は零下20度にもなるという。
    町に一番人がいなくなる2月の第3週に、新たな催しとしてウィンター・カーニバルが企画された。
    ローカル・テレビの料理番組の人気者「料理の恋人」ことコニー・マックがやってくるという。50歳ぐらいで笑顔が素敵な美人なのだが。
    案内を頼まれたハンナは、彼女の傲慢さに呆れる。
    しかも、コニーが用意してきたケーキが車の中で壊れて、ハンナのキッチンを貸し出すことになる。
    助手のジェイニーは、高校時代のアンドリアの親友で、ハンナもよく知っていた。
    ジェイニーのためにもと、我慢するのだったが…

    翌朝、店でコニー・マックの死体を発見してしまう。
    ハンナが死体を発見するのはお約束らしく、母親に「評判が落ちるから、そんなことをしないように、気をつけなさい」と毎度説教される。
    その母親ドロレスは、カーニバルの企画で、ハンナの店の隣にある古い屋敷を最初の町長ジョーダンの家のように再現するため、家具などを選んで入れていた。
    アンティークが好きなドロレスが、短期間にふさわしい品を集めた手腕には、ハンナも感心する。

    ハンナの店は、事件現場として封鎖されてしまう。
    しかも、まず容疑は、姿を消したジェイニーに。
    さらに、コニー・マックに撮影のことで振り回されて怒っていたというノーマンにまで疑いが。
    一刻も早く事件を解決しなくては、と決意するハンナ。
    「レイク・エデン・イン」でクッキーを焼かせて貰うことになり、女主人のサリーの協力も得て、宿泊している客達の動向にも目を光らせる。

    保安官事務所の指導官マイクには、勝手な捜査をしないように釘を刺されるが。
    町一番のハンサムでセクシーなマイクとは、ハンナは何度かデートをした仲。
    歯科医のノーマンとはいい友達だが、母親同士がやたらとくっつけたがったために、反発して時々距離が開き、時々その良さを再認識するという関係。
    きっとノーマンは、マイクの赴任で、チャンスがなくなったと思っていたかも。
    どっちもまだハンナに愛しているとは言ってないんですね。
    これは~ずうっと引きずるのがお約束?

    今回はお菓子だけでなく、美味しそうな食べ物も色々出てきます。
    アンドリアがすっごく食欲があるんですね~その理由は?
    お菓子のレシピ付き。
    すごくボリュームありそうだけど、たまには良いよね…
    どれにしようかな♪

    2002年の作品。
    著者はレイク・エデンのようなミネソタの小さな町で生まれ育った。
    1980年作家デビュー、さまざまなジャンルの作品を発表。

  • お菓子探偵第三弾。

    あらすじ
    レイクエデンに、人気料理家がやってくる。ウィンター・カーニバルの開催もあって、町は浮き足だっていた。コニーはハンナの厨房を借りることになったが、次の日死体で発見される…。どうやらコニーが新規開店したモールのブティックに関係があるらしい…。

    相変わらず面白くて、姉妹の連携もばっちり。ハンナの恋愛はふわふわしてるけど。題名のブルーベリーマフィンは、発見時に食べようとしていたから。心配なのは、3作目にして、ハンナの店で事件が起きるし、狭いレイクエデンで事件って続けられるのかな?ネタがあるのかが心配。

  • お菓子探偵・ハンナシリーズ第3弾。しかし、ハンナ死体見つけすぎ!静かな田舎町でこんなに事件が起こるのも物騒だよね。恋愛模様もあっちもこっちもどっちつかず!ハンナはリサがいなかったらだめだろうな…。やっぱりモシェが可愛い。私もモシェをわさわさしたい。2011/309

  • お菓子探偵 ハンナ・スウェンセンシリーズ第三弾。

    個人的には前二作よりも推理サスペンスらしいように思いました。ん?サスペンス?ミステリー?ジャンルはコージーミステリーとのことなんですが。

    気になったので調べてみました。

    ミステリーとサスペンスの違い
    ミステリー:犯人を一緒に推理していく

    サスペンス:最初から読者・観客には犯人がわかっており、緊張感を楽しむ

    だそうです(^^)
    なるほど。じゃあこれはミステリーですね!

    つまり前言撤回で、前二作よりもミステリーらしいように思いました。

    伏線の張り方が、読み手にとって気持ちいいと言いますか。ベストよりはちょっとわかり易過ぎかもしれませんが、「こうなんじゃないかな」から「やっぱり!」の流れが前二作に比べ、自然でした。

    私の中で、本作に登場するコニー・マックと言う女性のイメージが、映画版ハリー・ポッターのアンブリッジなんですよね!ピーチ色づくめなところとか、勿論キャラクターも!最高にムカつくおばはんです(笑)

    そして今回もやっぱり主人公の妹・アンドリアに好感!
    主人公にはもう一人一番下の妹がいるようですが、現時点では名前しか出ていませんね。どんなキャラなのか気になるところ。

    恋人候補の歯科医・ノーマンと刑事・マイク。
    恐らく、セオリー通りにいけば、ノーマンに軍配が上がるんでしょうけど。二人は完全に同じ日に主人公にキスしてる気がするので、間接キスだなあ…ってのが最初の感想w
    筆者の描写だと、ノーマンは四十代半ばの頭皮が淋しくなりつつあるけど、くつろげてユーモアのある男性。
    マイクは古風なハンサムで背の高い、ちょっと頭が固くて押し付けがましいところはあるけど刺激的で魅力的な男性。

    やはりノーマンなんでしょうね。

    今回はもう一人私が気に入った登場人物が。
    主人公のアシスタントから共同経営者に昇進したリサの父親です。
    軽い認知症が進行中、と言う設定なんですが、とても存在感があります。

    レシピはタイトルのブルーベリーマフィン、クッキーの他、サンドイッチも。

  • 町おこしのイベントにゲストとしてやってきたのは、スター料理研究家のコニー・マッキンタイア。彼女が撲殺体で発見されたのは、あろうことかハンナの厨房!や、どうみたって、みんなから恨みを買ってるとしかおもえないコニーなんだけどさ!

    今回のハンナと妹のアンドリアは、お菓子以外にもよく食べます。ホントにいろいろ食べてます。おなかがすいたときに読むのは、よくないかも(笑)。

    まめに料理をしたくなったのか、立て続けにマフィンを焼いている自分に、今、びっくり。

  • 原題:BLUEBERRY MUFFIN MURDER
    著者:Joanne Fluke
    訳者:上條ひろみ
    初版:2002(US),2004(JP)
    コージー・ミステリ
    ハンナ・スウェンセン・シリーズ第3弾
    著名料理家が真冬のレイク・エデンに。
    何故殺したのかという動機がメイン。トリックは特になし。意外な犯人。
    雰囲気が良いのでサクサク読めた。

  • ブルーベリーマフィンが食べたい

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    レイク・エデンに、あの人気料理研究家コニー・マックがやってくる!いつもは静かに厳しい冬が過ぎ去るのを待つ町が、今年は浮き足だっていた。そんななか、ハンナはウィンター・カーニバルの特別ゲストとして招かれたコニーに、自分の店の厨房を一晩貸すことに。翌朝、出勤してきたハンナが発見したのは、ぐちゃぐちゃの厨房と、特製ブルーベリー・マフィンを手にしたコニーの死体だった!殺人現場として店は立入禁止になるは、妹の親友と恋人候補ノーマンまで犯人扱いされるはで、頭に来たハンナはまたまたこっそり犯人探しを始めるが…。お菓子探偵の面目躍如、シリーズ第三弾。

    第2弾がなかったのでえいや!で3を借りてきました。
    殺人事件の犯人が絞れないうえに、ハンナの心がきまらない、不思議なロマンスサスペンス。
    誰を愛して、誰に愛されるかわからないロマンス小説も珍しいけれどどちらかというとサスペンスなんだろうな。
    挿入されていたレシピで1つ気になるのがあったので挑戦してみようと思います。
    次はベイビー登場の予感です。

    Bluberry muffin murder Joanne Fluke

  • 紫にそまったブルーベリーマフィンが無性に食べたくなりました(笑)

    人気料理家が殺害されても、料理番組の撮影のストックは十分にあるので
    番組は続けられるそうです。

  • アンドリアが可愛い。<br />けど最後のモールのシーンはちょっと(かなり?)恐怖でした。

  • お菓子探偵ハンナの第3作目!今回の主役は、ブルーベリーマフィン!じゃないけど、犯罪級においしそう!!
    今回もレシピつきなので、ブルーベリーマフィンを作ってみました。ちょっと甘いけど、ボリュームもあっておいしくできました♪

  •  本当におもしろかった!息がつけないくらいに。今回はドキドキの連続。いつものとおりキャラクターが魅力的だった。ブルーベリーマフィンはすきだし、表紙もかわいい!

  • お店が犯行現場になってハンナはクッキーを焼けなくなる・・。(読了'08/02)

  • 恋人候補たちの綱引きや、お母さんズの困った行動が今回も。
    ハンナの行動にはいろいろつっこみ所があるのですが、テンポよく読ませます。

    イラストレーション / カズモト トモミ
    原題 / Blueberry Muffin Murder (2002)

  • レイク・エデンに、あの人気料理研究家コニー・マックがやってくる!いつもは静かに厳しい冬が過ぎ去るのを待つ町が、今年は浮き足だっていた。そんななか、ハンナはウィンター・カーニバルの特別ゲストとして招かれたコニーに、自分の店の厨房を一晩貸すことに。翌朝、出勤してきたハンナが発見したのは、ぐちゃぐちゃの厨房と、特製ブルー・ベリー・マフィンを手にしたコニーの死体だった!殺人現場として店は立入禁止になるは、妹の親友と恋人候補ノーマンまで犯人扱いされるはで、頭に来たハンナはまたまたこっそり犯人探しを始めるが…。お菓子探偵の面目躍如、シリーズ第3弾!おなじみ化してきたラスト…大丈夫かしら?ちょっとイラッときちゃったけども?

  • お菓子探偵シリーズ3作目。
    今回は主人公ハンナの店で殺人事件が起こる。シリーズ3作目ともなると、ハンナの周りの人が彼女をすっかり探偵扱いしていて聞き込み調査がスムーズに運ぶようになっている。
    その分ハンナお得意の「クッキーで買収」があまり見られなくなってちょっと残念かも。いい大人がクッキーに目白をさげ、口を開くさまは読んでいて面白かったのに。
    プロットは可もなく不可もなく。この手のミステリにありがちな犯人の「HOW?」が解明されないけれど。
    家族や親戚、友人などがより結束し始めて、この先の展開がますます楽しみ。
    このシリーズの欠点は、読んでいる最中に作中に出てくるレシピを試してみたくなること。
    今回もクッキーを2種類焼いてしまった。そしてどちらも美味しかったので、次作のレシピもまたトライすることになると思う。
    主人公のハンナに習って、コーヒーと自作のクッキーで過ごすひと時は大層幸せではある。

  • この本は!!!ぁたしが中学の友達から借りて読んだ本で♪主人公「ハンナ」が色々と事件に巻き込まれていくっていうお話です***クッキージャーというお店を持っていて、普通の人なのにどんどん事件を解決していっちゃってカッコイイ★☆

    本が厚いから最後までよめるかな?って思っていたけど楽しかったでぇす!!あと、主人公の恋の行方も気になります♪(*^_^*)

  • 何と自分の店の厨房で殺人事件が! 知人や友人が犯人扱いされることに業を煮やしたハンナが密かに捜査を開始する。恋人候補まで犯人扱いで、ロマンスの行方はどうなる?

全22件中 1 - 22件を表示

ジョアン・フルークの作品一覧

ジョアン・フルークの作品ランキング・新刊情報

ブルーベリー・マフィンは復讐する (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブルーベリー・マフィンは復讐する (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブルーベリー・マフィンは復讐する (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする