あの頃のこと―Every day as a child

  • 77人登録
  • 3.50評価
    • (8)
    • (5)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
  • ソニーマガジンズ (2004年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (61ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789723398

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あの頃のこと―Every day as a childの感想・レビュー・書評

  • 編集がまずいんじゃないか。タイトル通りなのだが、粒が揃っていない感じ。

    しかし、冒頭の川内さんの写真はそれだけで写真集にしたほうがいいクォリティだし、しりあがりさんの「ちんちん~~~」「あはははは」「スキスキ大スキ」と叫ぶ物語は思いっきり可笑しく、あの頃のことだと思えるし、湯本さんの「橋の下で拾った子」のくだり「(色々な人に)少しずつ育てられた」という言葉は素敵だ。この3つを味わうだけで価値あり、という意味で☆4つ。

  • 映画「誰も知らない」の記録写真集とのこと。

    川内さんの写真との相性が非常に良くて
    子供の頃のキラキラした感じがとてもよく伝わる。

    ちなみにいまのところ「誰も知らない」は未見。

  • 機会があれば。

  • 映画
    だれも知らない

    の写真がのってる。

    もちろん中村航さん目当て
    でも、いまいち。
    中村航節が他の1/5

  • 中村航目当て。でも全部好き。写真も好き。

  • 音と臭いとが伝わってくる。
    大好きな一冊。

  • 映画『誰も知らない』に寄せて書かれた詩。川内倫子の写真と中村一義の言葉でずしーん。

  • 現実に起きた事件をもとに作られた映画「誰も知らない」の世界を川内倫子さんが切り取った写真と、9人の執筆者による〔あの頃〕の話。
    あの頃。。。

  • 大人になった今だからこそ、あの頃を綴れるのだと思います。しりあがり壽さんのところで泣きそうでした。

  • だれもしらないについてのこと
    中村航が秀逸。てゆか好き。

  • これも中村航が目当て。でも写真も他の短編も好き。死んで水面に浮いた金魚が怖くて怖くてたまらなかったのを思い出した。「うわー」とか「ぴちちぴちちぴちちちち」とかほかにも「ばんばん」「ぐるぐるぐるぐる」とか私の好きな中村航らしい擬音がいっぱいあってとても嬉しい。でも「カタ抜き」とか「ゲームウォッチ」とかよくわからないものが出てきます。世代の差を感じます。<br>
    「ちんちん〜〜〜〜〜」のコウキくんのお話も好きです。コウキくんは走ってどんどん行ってたくさんのひとを幸せにするけれど、もうお母さんのところには帰れなのかな…と思ったけどそうじゃなくて安心した。なにより「ちんちん〜〜〜〜」がいいよね。ポストの話には思わず泣きそうになってびっくりした。巻末のプロフィールを見て作者の佐藤さとるさんが『コロボックル物語』の人だとわかってもっとびっくりした。カップ麺の容器から生えた植物と、溝から生えた赤い花と、金魚すくいの写真が好き。『誰も知らない』が見たくなった。絶対見る。
    <div align=right>(04.12.13 読了)</div>

全12件中 1 - 12件を表示

あの頃のこと―Every day as a childを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あの頃のこと―Every day as a childを本棚に「積読」で登録しているひと

あの頃のこと―Every day as a childはこんな本です

ツイートする