招かれざるサンタクロース―イヴ&ローク〈7〉 (ヴィレッジブックス)

  • 88人登録
  • 3.42評価
    • (5)
    • (4)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : J.D.ロブ
制作 : J.D. Robb  青木 悦子 
  • ソニーマガジンズ (2004年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789724449

招かれざるサンタクロース―イヴ&ローク〈7〉 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • イヴ&ロークシリーズ7作目。サンタに扮してプレゼントを届けるのは、実は凶悪な殺人者で…。

  • 【イヴ&ローク7作目】イヴが過去と向き合わなければいけない事件で辛かったどろうな。それでもロークやまわりの人の愛情で本当に感情豊かになったな。ピーボディとマクナブのの関係もこれで少しは進展するかな。

  • クリスマスの贈り物は凄惨な死!
    イヴ&ローク待望の第7弾

    近づくクリスマスに華やぐニューヨークで、残虐な連続レイプ殺人事件が発生。不可解なことに、被害者の顔には入念な化粧が施され、“わが真実の愛”という文字が体に記されていた。セキュリティカメラの記録から判明したのは、犯人がサンタクロースの扮装をし、プレゼントの配達人を装っていたこと。イヴにとって、レイプ事件は自らの辛い過去を想起させるものだった。被害者たちが味わった恐怖と苦痛をわがことにように感じつつ、彼女は犯人を追う。そんなイヴを理解し、その心を癒せるのはロークだけだった……。

  • クリスマスが近づくニューヨークで、残虐な連続レイプ殺人事件が発生。不可解なことに被害者の顔には入念な化粧が施され、“わが真実の愛”という文字が体に記されていた。セキュリティカメラの記録から判明したのは、犯人がサンタクロースの扮装をし、プレゼントの配達人を装っていたこと。イヴにとって、レイプ事件は自らの辛い過去を想起させるものだった。被害者たちが味わった恐怖と苦痛をわがことのように感じつつ、彼女は犯人を追う。

    原題:Holiday in Death (1999)
    訳者:青木悦子

    ヴィレッジブックス(2004.12)

  • ロークへのクリスマスプレゼントのため、サマーセットがイヴに協力。
    前回の事件後、少しは2人の関係が変化したのかな(笑)
    これからも2人の対決を楽しみたい。

  • 敏腕警部と不動産王の夫婦ってなんだかハーレクインぽい設定。
    事件もアメリカっぽい感じ。
    犯人がサンタ姿でプレゼントの箱抱えてやってきて、犠牲者に死化粧していくとか。。。怖すぎる。。。

  • 近づくクリスマスに華やぐニューヨークで、残虐な連続レイプ殺人事件が発生。不可解なことに、被害者の顔には入念な化粧が施され、“わが真実の愛”という文字が体に記されていた。セキュリティカメラの記録から判明したのは、犯人がサンタクロースの扮装をし、プレゼントの配達人を装っていたこと。イヴにとって、レイプ事件は自らの辛い過去を想起させるものだった。被害者たちが味わった恐怖と苦痛をわがことのように感じつつ、彼女は犯人を追う。そんなイヴを理解し、その心を癒せるのはロークだけだった…。

  • 購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    近づくクリスマスに華やぐニューヨークで、残虐な連続レイプ殺人事件が発生。不可解なことに、被害者の顔には入念な化粧が施され、“わが真実の愛”という文字が体に記されていた。セキュリティカメラの記録から判明したのは、犯人がサンタクロースの扮装をし、プレゼントの配達人を装っていたこと。イヴにとって、レイプ事件は自らの辛い過去を想起させるものだった。被害者たちが味わった恐怖と苦痛をわがことのように感じつつ、彼女は犯人を追う。そんなイヴを理解し、その心を癒せるのはロークだけだった…。

    ピーボディーが本気で怒るのがわかる気がする。
    サンタクロースの扮装で殺人を犯す犯人。
    イブはそんなことより、自分の幼少期の体験と事件がオーバーラップして冷静に操作ができない状態になったりする。
    子供のころのトラウマがロークまでを苦しめる。
    痛いけれどまた1つイブの過去が解き明かされた作品でした。

    HOLIDAY IN DEATH by J.D.Robb

  • 犯人が直ぐ解る。次への期待が揺らぎ始める巻。

  • シリーズ7作目。イヴとロークの初クリスマスです。幼少時代経験できなかったこと、ふたりで今、そして未来を築いていくことのなんというか最初の儀式、思い出。ツリーを一緒に飾ることを楽しむロークも素敵だし、彼にプレゼントを選ぶイヴも何だかかわいい。最後そのシーンがなかったのがとても残念でした。事件は今回はイヴの過去に深く関わるものです。サンタクロースが行う連続レイプ殺人。かつて性的虐待を受けていたイヴの心は持ちこたえることができるか、曇りない目で事件を見ることができるのかというのも見所かな。マクナブいいですね。キャラ的に好きです。今度ピーポディとの関わりも気になります。ただ、今回犯人が意外すぎた。何から推測すればよかったんだろう・・・

  • お金持ちのクリスマスっていいんだろうなぁ。。。。。。(笑)

全11件中 1 - 11件を表示

J.D.ロブの作品一覧

J.D.ロブの作品ランキング・新刊情報

招かれざるサンタクロース―イヴ&ローク〈7〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

招かれざるサンタクロース―イヴ&ローク〈7〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

招かれざるサンタクロース―イヴ&ローク〈7〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

招かれざるサンタクロース―イヴ&ローク〈7〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

招かれざるサンタクロース―イヴ&ローク〈7〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

招かれざるサンタクロース―イヴ&ローク〈7〉 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする