パラダイスを君に〈上〉 (ヴィレッジブックス)

  • 40人登録
  • 3.81評価
    • (6)
    • (5)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Judith McNaught  瓜生 知寿子 
  • ソニーマガジンズ (2005年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (543ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789725552

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パラダイスを君に〈上〉 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 14歳からいきなり18歳に飛んで...
    さらに11年後。
    目まぐるしく駆け抜けた。
    何だかお互いに誤解していて切ない。
    今後の展開は何となく読めるものの幸せになって欲しいなぁ。
    下巻は予約待ちだけど早く読みたい。

  • ロマンス王道。「身分違いの恋」「親の反対」「逆境に負けない強いヒロイン」「ヒロインにはとことん優しいヒーロー」
    上下巻ですが、あっという間に読んじゃいました。上巻からぐいぐい引き込まれること必至です。

  • いいです!!ジュディス・マクノート最高ーー!!
    <あらすじ>
    老舗デパートの経営者の18歳の娘とパーティで出会った26歳の工員のマットとの恋は,破局する運命にあった。たとえ二人が愛し合い,子供の誕生を心待ちにし,結婚していようとも.........。
    そして11年後、二人が再会したとき,破局の真相が明らかになり二人の心は急速に近づくが..........彼女には新しい婚約者がいて、さらにマットとは再び付き合えない理由があった

  • さすがにロングセラーを続けている作品だけあって、読み応え十分。ヒロインが父親の制約を受けすぎているきらいがあるけど、それくらいじゃないと物語として面白みに欠けてしまうのかも。でも父親はあんな性格で本当に大企業の社長をやっていたのかと。<br>
    ヒーローは最初から大人で冷静。裏切られたと思っていても、ヒロインへ冷徹になりきれないあたりいい男。それでも誤解が誤解を生んで二転三転。誤解の取れ方がちょっと単純なような気はする。ヒーローはヒロインにメロメロなのにそれをヒロインだけが気がつかなかったり、ヒロインと父親の確執の根が深かったり、ヒロインは父親を許しすぎだったりと、二人の関係はなかなか進まないけれど最終的には二人でパラダイス。<br>
    企業買収の仕掛けの描写がお粗末だったり、その陰謀があっさりばれたり、またヒロインと父親、デパートとの関係について、ヒーローにはもう少し柔軟になって欲しい部分など、物足りない点もないわけじゃないけど満足。

  • 身分違いモノ作品。

    上下合わせて長すぎる!と思ったのも束の間。下巻からグイグイとマットの逆襲が、、過去の出来事が分かる分、やるせなく切ない。

全5件中 1 - 5件を表示

パラダイスを君に〈上〉 (ヴィレッジブックス)の文庫

ツイートする