ハトにうんてんさせないで。 (にいるぶっくす)

  • 59人登録
  • 3.79評価
    • (10)
    • (5)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : Mo Willems  中川 ひろたか 
  • ソニーマガジンズ (2005年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784789726436

ハトにうんてんさせないで。 (にいるぶっくす)の感想・レビュー・書評

  • 子どもといっしょに

  • めちゃくちゃ面白い絵本。最高レベル。最高。欲しい。

    ハトの表情が豊かで、言葉も巧みで、子供にとっても、このハト何考えてる? って色々考えられるんじゃないかな。
    長女は何言われても約束どおり断れる私をアピールしてた。

    真似して遊んだり、長くいろんな使い方ができそう。

    [長女 2歳10ヶ月]

  • 3歳10ヵ月
    ハトにせまられて、
    もうほとんど
    「イイヨ」とうなづいてしまっている感じの息子。
    断固断らないと、
    話のツジヅマがあわない、参加型絵本。

  • とってもシュール。なんでハトに?と思うが中身はこういうおねだり、あるよね〜と子供達には受けてました。

  • 教訓も何にも無いけど、絵がかわいい

  • うーん、よくわからない(-。-;
    ハトの絵は可愛いけど

  • こ洒落ていて、参ってしまった絵本。
    ここはコメディアンになりきって、粋におかしくハトを演じたい!
    おはなし会で、こども達と掛け合いできたら楽しいだろうな!

  • バスが好きで好きで運転してみたいハトのおはなし。
    これはアホかわいい・・・
    本の中から運転手さんとハトが読者に話しかけてくる形式だから、子供としゃべりながら読んだら楽しそう。

    ハトがめちゃくちゃかわいい。
    ちょっと悪い顔してる。
    トリ頭だけどピュアってわけでもなく、あの手この手で運転「させてもらおう」とする。
    (ちゃんと許可を得ようとするのがまたかわいい)

    このハトは「こども」なんだろうな。成鳥っぽい見た目だけど。
    「未来」も「過去」もまだわかってない、「今」だけに生きているこども。
    大人には、今泣いた烏がもう笑ったように見える惚れっぽさも、この一瞬に本気だからこそ。

    なにも気にとめてなさそうな運転手さんは多分「おとな」。

    訳もコミカルな絵によく似合うかわいらしさ。

  • 絵本の見返しから1ページ目がはじまってます。鳩が、バスの事を思っています。で、ホントのページからバスの運転手が「ちょっとでかけてきますが、くれぐれも鳩に運転させないで」と、どっかへ行ってしまいます。すると鳩がでてきて、おもむろに「バスを運転させて欲しい」とアピールしはじめます。
    子どもたちに読み聞かせするときは、あらかじめ、鳩にストップかけてね!って言っておいて、読み手は鳩になりきって、かけあいながらするといいかも。
    ま、鳩にうんてんさせちゃいけませんけどね。

  • バスを運転したくて、あれこれ必死なハトの一人芝居が笑える。
    (読んだ時期:2歳2ヶ月)

  • 2004年コールデコット賞オナー・ブック作品。
    バスの運転手さんは「ハトにうんてんさせないで。」と読者にお願いをします。

  • 主人公の「ハト」が、読み手に語りかける形式で、読んでいるだけで子どもが勝手にハトの言うことに返事をするのが楽しい本。モー・ウィレムズさんの作品は、もっと邦訳されてほしいと熱望しているが。

全12件中 1 - 12件を表示

ハトにうんてんさせないで。 (にいるぶっくす)に関連する談話室の質問

ハトにうんてんさせないで。 (にいるぶっくす)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハトにうんてんさせないで。 (にいるぶっくす)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハトにうんてんさせないで。 (にいるぶっくす)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする