エルデスト 宿命の赤き翼(上) (ドラゴンライダー (2))

  • 378人登録
  • 3.70評価
    • (48)
    • (55)
    • (96)
    • (4)
    • (2)
  • 40レビュー
制作 : 大島 双恵 
  • ソニーマガジンズ (2005年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (533ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789727082

エルデスト 宿命の赤き翼(上) (ドラゴンライダー (2))の感想・レビュー・書評

  • 再読。

    エラゴン、ローラン、ナスアダそれそれが主体となった話が入り乱れつつ進む。
    まさかローランがここまで大きく関わると考えてなかったので驚いた。
    (人質や敵になるぐらいかと思ってました)

    あと、ドラゴンが生きてたってのにも驚いたかな。

    まだまだラスボスを倒すための準備をそれぞれが始めた段階で
    これからどうなるのかが楽しみです。

  • 前作に続き、やはり面白い。
    長くても読める。

  • 2作目上。ファーザン・ドウーアの戦いに勝ちも、ヴァーデン軍アジハドが亡くなり後継者として娘のナスアダが選ばれる。誓いをたてたエラゴンとサフィラ。エルフの国への修行へ旅立ちと生き残りのライダーオロミスとドラゴン・グレイダーとの出会いと修行の始まりが…。

  • ドラゴンライダー三部作の二作目です。
    もうこの作品は何よりも雌ドラゴンのサフィラが可愛くてかわいくて……!

    第一作目でサフィラの卵を孵し、ドラゴンライダーとなったエラゴン。
    帝国に敵対するヴァーデンと共に闘った彼らは、皇帝ガルバトリックスと闘う力を得る為、エルフの国へと向かいます。
    そこで出会う隠者。修行による成長と、ヴァーデン対帝国との本格的な戦闘の勃発。
    そしてその戦場で知る信じがたい事実。
    エラゴンはガルバトリックスに勝つことは出来るのか?
    アラゲイジアに平穏をもたらす事は出来るのだろうか?
    待て次号!

    ……て感じで終わっております。

    エラゴンとサフィラ、思春期驀進中といった感じでした。
    エラゴンはアーリアへの恋慕を自覚しながら、そして時々暴走しながらも、ちゃんとそれがもたらす政治的な意味や自分の状況をちゃんと理解している辺り、某生き残りの男の子よりも大人な感じですね!(いえ、好きですよ、ハリー)


    この作品で一番私が好きなのは、魂以上の部分で繋がっているライダーとドラゴンの関係です。エラゴンとサフィラの絆がとてもステキ。
    「心の友」「小さな友」とお互いを呼ぶ彼らの、その空気が大好きです。アーリアに恋しているエラゴンでも、一番好きなのはサフィラだし!
    エラゴンを守るためならたとえ味方であろうと蹴散らし食い殺す事さえも辞さないと明言するサフィラが本当に可愛くって仕方ありません。


    今作では、エラゴンの話と同時進行で、彼の故郷であるカーヴァホールに降りかかる災禍が語られます。というか、従兄弟のローランについてですね。

    前作、ドラゴンのサフィラの卵を孵したことにより帝国に追われる身となったエラゴンには、それでもブロムという師がいました。彼がドラゴン、そしてドラゴンライダーの何たるか、ガルバトリックスと裏切り者の十三人の事等を教えてくれました。さらに自体は彼らを中心として動いていた為、危険に曝されながらも状況の理解は確実に出来る状況であったわけです。
    でも、ローランたちはいきなり降ってわいた災禍に戸惑うばかり。村から消えたエラゴンとブロムの事が帝国軍に狙われた原因なのではないかと考えてみても、真実も対応策も分かりはしません。
    そんな状況の中で、恋人を守るという目的ながら、手を血に汚すことすらいとわずに運命を切り開いていこうとするローランは凄いです。特に村人達を扇動し、村を捨ててヴァーデンに参加させるなんて普通出来る芸当ではないです。これもある意味火事場の馬鹿力でしょうか。


    最後の最後で、衝撃の事実が判明した今回。
    友の裏切りは精神的にも戦力的にもエラゴンにショックを与えました。しかも自分の出生の秘密まで明らかになってしまい、更にショック。
    もうかわいそうでかわいそうで……楽しい(鬼)
    主人公は困難と危機と悲劇があってこそですよね! それを乗り越えられると信じているから、ですが。

    第二部が上下巻となりましたが、第三部はどうなるんでしょうか。上中下とかなるでしょうか。
    エラゴンもサフィラも、登場人物たちが幸せになれるといいなぁ。

  • ドラゴンライダーシリーズ2巻の上です。
    エラゴンの巻よりも前半はスピード感がなく、登場人物ばかりがどんどん増え、ものすごく飽きました。
    が、後半金色の・・・のあとは気分が高揚し!かなりワクワクしました☆

    とはいえこの巻は、あまりにもスターウォーズそっくり。
    ジュダイによる平和はライダーの役回りだし、アナキンの裏切りやルークの活躍もエラゴンやマータグ達と被る。ついでに言うと、ブロムは完全にオビワン・ケノービだよね。
    そして極めつけが修行の様子!フォースの力を高めてるとしか思えない~

  • カバーの裏の地図がいいです。全体の話の地図上の動きがわかる。図書館で借りるとこれがないのでちょっと残念。手元にはエルデストまでしかないので、ブリジンガーからは図書館で借りて読みます。

  • 前作「エラゴン」が本当にあくまで
    導入だったんだな、と改めて実感。

    上巻を読み終わる前に、
    念のために下巻も買っておかないと
    夜中に気になって寝れなくなりますよ(笑)

  • エラゴン側とローラン側のギャップが読んでて辛かった。

  • ドラゴンライダーシリーズ第二弾。映画化されないところをみると第一弾の映画はコケたんだな。しかし、原作はより盛り上がっていきます。様々な種族が登場し、より細かな状況表現が頭の中で膨張し見たことのない世界が広がっていく。

  • 私が、ハリーポッターから興味を失う“キッカケ”になった本です。

  • ストーリー :☆☆
    世界観   :☆☆☆
    ビジュアル :☆☆☆
    キャラクター:☆☆☆
    読みやすさ :☆☆☆☆
    オススメ度 :読んでも読まなくてもよし!

    続編の上、読み終わりました。
    う、うーん。可もなく不可もなく・・・
    でもなんか下巻読みたい!!という感覚ではないですね・・・
    このノリであと3冊?4冊?あるのか・・・
    一番最後に出てきた、祝福を受けた少女が気になるっちゃなりますが。
    うーん。全体的にはなんか、ダラダラしてますね。
    もうちょっと巻いてほしいです(笑)
    学校の図書館に置いてあって読むとかだったら
    最後まで読むと思いますが、お金を出して買って読む気には
    ならないですね・・・

    下巻が超展開でめっちゃ面白い!という情報が入れば読むかも。

  • 図書館で借りて読んだ。

    何年か前に、1作目のエラゴンを図書館で借りて読んでからいつか見かけたら借りようと思っていたところ、先日後編の4冊がまとめて有ったので、いっぺんに借りた。
    久しぶりに読んだので、内容を忘れているかとも思ったが意外と覚えていた。
    主人公の祝福の祈りが実は呪いの言葉で、不幸を背負わされた子供がかわいそうだった。(医療ミス的)残り3冊一気によんでしまいそう。

  • 続きだ!と思って面白く読んだけど、長い。

  • 2009年6月29日読了♪

  • 読み終わるまで眠れなかった本はひさしぶりかも。
    (2008年2月3日読了)

  • 冒頭のアジハドたちの悲運は少し唐突な気がしましたが、それは私が「エラゴン」から連続して読んだからなのかもしれません。カーヴァホールの住人たちの、「かくまって当たり前、かくまわれて当たり前」という考え方が新鮮でした。やっぱりサフィラが可愛いv

  • まず、翻訳がよくなった。
    読みやすくなったし、展開が多少遅めになったので、読み応えが出てきた。
    ただ、一巻と比べると、少し落ち着いた流れではある。

  • 映画→本作品の順番。最初からいきなり重要人物が死んで、展開の速さについていけなかったが、読み始めると止まらない面白さ。今回は主人公エラゴンと、従兄弟のローラン視点で交互に進む。
    読み進めると、エルフの国で修行してるエラゴンに比べ、普通の人間であるローランは地味というか庶民的というか・・・
    精神的にローランがきつそうなので、ローラン寄りになってしまうのだが、魔法をサクサク覚えて、どんどん無敵になっていくエラゴンの方が格好いいし。この二人の立場の違いが結構切ない。
    他のキャラクターも魅力的で、特にナスアダは映画よりもお気に入りになった。オーリン王とのやり取りが最高!
    この二人はくっつかなくても、ずっと良いコンビでいてほしい。
    あとエラゴンの師匠のオロミスも良◎魔法の説明などは、最近のファンタジーの中ではかなり理論的に書かれていて、なるほど〜と考えさせられた。

  • エラゴン続編の上巻。
    ここで出てくるドラゴンライダーのオロミスが、映画で誰になるのかが気になっています。
    話は修行部分が多く、少し間延びした感じですが、最終巻に向けての伏線なんですかね。

  •  一巻よりも薄くて文字が大きく感じていたのに足して、おもしろいという盛り上がった気持ちが胸で叫びつつけていたのですらすら読めました。
     個人的にローランサイドが好きです。下も読まないと損ですね。

  • 未読。表紙の絵を見ただけで満足してしまう・・・。

  • 前作は、一冊だけでした。今回、2巻目にあたり、上下巻という厚みのありそうなことになっています。さて、とりあえず、上巻から、読書開始です。前作では、主人公であるエラゴンだけの視点で書かれていたのが、今回はエラゴンに関係する人たちの視点が少し入っていて、大陸全体の流れというものを感じることができました。さあ、下巻も、楽しみですね。なにやら、これを読んでいる間、映画にもなったみたいで映画ではイメージ崩れが起きないか心配です。

全40件中 1 - 25件を表示

クリストファー・パオリーニの作品一覧

クリストファー・パオリーニの作品ランキング・新刊情報

エルデスト 宿命の赤き翼(上) (ドラゴンライダー (2))を本棚に登録しているひと

エルデスト 宿命の赤き翼(上) (ドラゴンライダー (2))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エルデスト 宿命の赤き翼(上) (ドラゴンライダー (2))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エルデスト 宿命の赤き翼(上) (ドラゴンライダー (2))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エルデスト 宿命の赤き翼(上) (ドラゴンライダー (2))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする