フチボウ―美しきブラジルの蹴球

  • 17人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Alex Bellos  土屋 晃  対馬 妙 
  • ソニーマガジンズ (2006年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (555ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789728546

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・ポースト
有効な右矢印 無効な右矢印

フチボウ―美しきブラジルの蹴球の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    ペレとガリンシャの分かれ道、フチボウの愉快ないとこたち、終わらないマラカナンの悲劇、テラス席に集う奇人、ピッチに埋められた蛙の呪い、ロベルト・カルロスがロベルト・カルロスになった理由、ちょっと変わった赤道の利用法、ロナウドが語る“本当の真実”…。
    サッカーにとりつかれた国ブラジルの肖像。
    浪漫と混沌に満ちた“美しいゲーム”のすべてがいま明かされる。

    [ 目次 ]
    世界の果ての闘い
    英雄たちの足
    悲運の決勝
    コラム アウジールのデザインスケッチ
    部族の集い
    脚の曲がった天使
    “よじれる”人々の謝肉祭
    わがトニャン
    車、女の子、そしてリフティング
    蛙と奇蹟
    揺るぎのないゴール
    裸のフチボウ
    ふたつの半球の勝負
    シルクハットの亀
    ぼくらが負けたのは勝てなかったから
    ソクラテスとの対話

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • ブラズィーーーウ!
    ゴーーーウ・ド・ブラズィウ!
    1950自国開催W杯での決勝戦敗退、悲運のマラカナン。
    これが国家としての歴史的大事件。幸せな国。
    ガリンシャ、インディオ、

  • ロナウジーニョがあまりにも美しくて
    憧れる国。どうやらこの国、スケールが、尺度が違う。いろんな意味で。価値観の下には、個人の歴史、大きい歴史、いっぱいいっぱい堆積してるんだなあ。これよむと、
    わけわかんなくて冗談みたいだけど魅力的に見える。

全3件中 1 - 3件を表示

フチボウ―美しきブラジルの蹴球の作品紹介

ペレとガリンシャの分かれ道、フチボウの愉快ないとこたち、終わらないマラカナンの悲劇、テラス席に集う奇人、ピッチに埋められた蛙の呪い、ロベルト・カルロスがロベルト・カルロスになった理由、ちょっと変わった赤道の利用法、ロナウドが語る"本当の真実"…。サッカーにとりつかれた国ブラジルの肖像。浪漫と混沌に満ちた"美しいゲーム"のすべてがいま明かされる。

フチボウ―美しきブラジルの蹴球はこんな本です

ツイートする