薔薇の花びらの上で―イヴ&ローク〈13〉 (ヴィレッジブックス)

  • 68人登録
  • 3.59評価
    • (6)
    • (5)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : J.D.ロブ
制作 : J.D. Robb  小林 浩子 
  • ヴィレッジブックス (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (534ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789729840

薔薇の花びらの上で―イヴ&ローク〈13〉 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • 【イヴ&ローク13作目】今回はかなり初めの段階から犯人がわかっていたのに逮捕までがなかなかだった。それにしても犯人の二人は何て馬鹿なんだろ。ピーボディとマクナブも落ち着いたかな。チャールズとルイーズの関係にも今後は注目!

  • ネットでの出会いが招く誘惑と殺意の一夜…

    深夜のニューヨークで、若い女性が自分の住む高層マンションから落下した。調べによると、死因は違法ドラッグの過剰摂取。つまり、落下前に死亡していたことになる。誰かが彼女を落下させたのだ。彼女の部屋には、キャンドルの灯るテーブルでワインを飲んだ形跡があり、ベッドにはピンクの薔薇の花びらが敷きつめられていた。
    やがて、似通った事件が発生した。共通点はキャンドル、ワイン、薔薇、そしてドラッグ。しかも、捜査に乗りだしたイヴとロークを嘲笑うかのように、犯人たちはさらなる戦慄のゲームを仕掛けていく!

  • 深夜のニューヨークで、若い女性が自分の住む高層マンションから落下した。調べによると、死因は違法ドラッグの過剰摂取。つまり落下前に死亡していたことになる。誰かが彼女を落下させたのだ。彼女の部屋にはキャンドルの灯るテーブルでワインを飲んだ形跡があり、ベッドにはピンクの薔薇の花びらが敷きつめられていた。やがて似通った事件が発生。共通点はキャンドル、ワイン、薔薇、そしてドラッグ。しかも、捜査に乗りだしたイヴとロークを嘲笑うかのように、犯人たちはさらなる戦慄のゲームを仕掛けていく…。

    原題:Seduction in Death (2001)
    訳者:小林浩子

    ヴィレッジブックス(2006.10)

  • イウ&ロークシリーズ13

    今回の犯人はコンピューター技術と科学の天才青年

    遊びで始まった二人のゲーム

    ドラッグをつかいネットで出会った女性を次々と自分の意のままに操っていく…
    今回はあまりイヴ・ロークの衝突は、なし
    進展があったのは、助手と問題児捜査官
    また新たなカップルも誕生の兆し。
    だけどチャールズにはイヴを好きでいて欲しかったなぁ
    日本人的思考なのか、海外の小説ではひたむき・一途ってあまり読まない
    ?出会ってないだけ?

  • 深夜のニューヨークで、若い女性が自分の住む高層マンションから落下した。調べによると、死因は違法ドラッグの過剰摂取。つまり、落下前に死亡していたことになる。誰かが彼女を落下させたのだ。彼女の部屋には、キャンドルの灯るテーブルでワインを飲んだ形跡があり、ベッドにはピンクの薔薇の花びらが敷きつめられていた。やがて、似通った事件が発生した。共通点はキャンドル、ワイン、薔薇、そしてドラッグ。しかも、捜査に乗りだしたイヴとロークを嘲笑うかのように、犯人たちはさらなる戦慄のゲームを仕掛けていく。

  • 購入済み

    あらすじ
    深夜のニューヨークで、若い女性が自分の住む高層マンションから落下した。調べによると、死因は違法ドラッグの過剰摂取。つまり、落下前に死亡していたことになる。誰かが彼女を落下させたのだ。彼女の部屋には、キャンドルの灯るテーブルでワインを飲んだ形跡があり、ベッドにはピンクの薔薇の花びらが敷きつめられていた。やがて、似通った事件が発生した。共通点はキャンドル、ワイン、薔薇、そしてドラッグ。しかも、捜査に乗りだしたイヴとロークを嘲笑うかのように、犯人たちはさらなる戦慄のゲームを仕掛けていく。
    (「BOOK」データベースより)

    イブ&ロークも13巻。
    ここのブログには全部書いてはいませんが
    全部読んでいます。
    人間が成長していく過程ってなかなか興味津々。
    やっぱり人生のパートナーって必要なの?(ナニヲイマサラ。。。)

    SEDUCTION IN DEATH by J.D.Robb

  • 2009年5月下旬読了。

    すっかり書くのを忘れてましたが、5月の終わりごろに読み終わってました。
    ちょっと中だるみしてきたかなぁ。
    さすがにシリーズ13巻目ですものね。

    ピーボディがかわいいです。
    シリアスなお話なのに、ところどころに笑えるシーンもあるので
    気楽に読めていいです。

  • 翻訳モノで避けてきたんだけど何かの本で面白いって書いてあったので読む事に。
    そしたら面白かったんです!
    ちょっと(?)未来の話でありえないー!っていう感じなんだけどでてくる人間がいいんですよね。
    イヴはとっても強いんだけど最近ロークの前では可愛いんですよね〜。
    あのギャップがいいのかな〜?
    新刊も出たし読むのが楽しみ☆

全9件中 1 - 9件を表示

J.D.ロブの作品一覧

J.D.ロブの作品ランキング・新刊情報

薔薇の花びらの上で―イヴ&ローク〈13〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

薔薇の花びらの上で―イヴ&ローク〈13〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

薔薇の花びらの上で―イヴ&ローク〈13〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薔薇の花びらの上で―イヴ&ローク〈13〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

薔薇の花びらの上で―イヴ&ローク〈13〉 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする