八重山商工野球部物語

  • 14人登録
  • 3.58評価
    • (1)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 神田憲行
  • ヴィレッジブックス (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789730167

八重山商工野球部物語の感想・レビュー・書評

  • 取材がいいのか、選手や監督が身近に感じられた

  • 一気よみでした。

    初めは「これぐらいなら知っている」と、NHK特集と比べながら読み始めた。

    しかし、映像では分かることがなかった、伊志嶺監督の思いが、その時々の状況とともに、知ることができた。

    「今日で甲子園は終わったけれど、あの子たちの野球はまだ終わらんよ。島では『祐太にいにい、長靖にいにいみたいになりたい』という、子どもたちで、もういっぱいよ。だから、その子達の手本にならないといけない。あの子たちが島から出て行って、戻ってきたときにどれだけ成長しておるか。今から楽しみ」

    島の子どもが本土の人に負けずにできることを証明したかった伊志嶺監督。

    監督が目指す「魂と心の野球」はこれからも続く。

    監督が最後につぶやいた。

    「人生を甲子園にかけてきて良かった」。

    淡々と読み進めてきた最後の最後に胸が熱くなった。

全3件中 1 - 3件を表示

八重山商工野球部物語の単行本

ツイートする