定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析

  • 69人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鈴木雅臣
  • CQ出版 (1992年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789830478

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Bill Lub...
有効な右矢印 無効な右矢印

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分にはまだ難しすぎた。

  • 電子工作を初めてある程度自信がついたけどもまだまだ良くわからないことがいっぱいある・・・
    誰にでもそういうことはあると思います。

    今回紹介する【続定本 トランジスタ回路設計】はトランジスタを用いた基礎的な回路設計を習得している人にオススメしたい書籍になります。
    前作の【定本 トランジスタ回路設計】と著者が変わり、文体が変わった影響で少し読みにくくはなりますがFETと呼ばれるトランジスターの扱い方や、前作では紹介されなかった高性能化への道しるべを掲載しています。

    この書籍で僕個人が参考になったものとしてアナログスイッチ、電流帰還アンプ、スイッチング回路等の設計方法が挙げられます。
    名前を上げるだけでは分かりにくいので簡単に説明します。

    ◆アナログスイッチ
    リレーを半導体に置き換えて直流信号や交流信号の選択を可能にする回路です。
    応用としてはマイコンと組み合わせて増幅器のゲインを制御する回路や入力する信号を選択する回路が作れます。

    ◆電流帰還アンプ
    一般的なオペアンプと事ない電流を帰還することで高速動作が可能。
    手っ取り早く言えばより高速な信号を安価に増幅できるような設計を行うための道しるべが書かれています。

    ◆スイッチング回路
    発光ダイオードやリレーなどをマイコンなどの汎用ポートで駆動するための回路。
    電子回路の中で最も基本で最も重要な回路の説明になります。

    基本は習得した、次に進みたい。そんな方々にオススメしたい一冊です。

  • アンプの修理のために、久しぶりにアナログ回路の参考書として開いてみて、内容の丁寧さと理解しやすさに感激。オシロ波形や回路図の説明のわかりやすさはいかにもCQ出版らしいが、この本、1992年から2003年で既に14版を重ねていることを知り、二度びっくり。こんな本こそ蔵書にすべきだと納得。

全3件中 1 - 3件を表示

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析を本棚に登録しているひと

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析を本棚に「読みたい」で登録しているひと

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析はこんな本です

ツイートする