定本 ディジタル・システムの設計―ディジタル技術の基礎からASIC設計まで

  • 35人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • CQ出版 (1990年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (451ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789830492

定本 ディジタル・システムの設計―ディジタル技術の基礎からASIC設計までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初から最後まで、図が豊富で、具体的な回路、素子の話があるので分かりやすい。
    バストランシーバ(74シリーズ)を具体的に知ることができました。
    18年前のものであるため、具体例は古い話であることと、64ビットCPU,FPGAの話がないことが悲しい。最後にファジイについて書いているが、身の回りではあまり利用した例を聞いたことがない。
    デジタルシステムを設計する場合に、同期回路が基本となる。基本のクロックにより、論理が進展するからである。電位が高い、低いの2値か、0と1の2値を使うだけでなく、
    時間的に、離散(デジタル)であることが重要であることがわかる。

全1件中 1 - 1件を表示

猪飼国夫の作品一覧

猪飼国夫の作品ランキング・新刊情報

定本 ディジタル・システムの設計―ディジタル技術の基礎からASIC設計までを本棚に登録しているひと

定本 ディジタル・システムの設計―ディジタル技術の基礎からASIC設計までを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする