MATLABによる組み込みプログラミング入門―SimulinkとReal‐Time Workshopを使った (Measurement & Control 計測・制御シリーズ)

  • 27人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 大川善邦
  • CQ出版 (2005年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789837170

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

MATLABによる組み込みプログラミング入門―SimulinkとReal‐Time Workshopを使った (Measurement & Control 計測・制御シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 計測制御では、モデルを使ってソフトウェアを生成することが流行っている。
    制御構造が分かりやすくないと、プログラマが保守しやすいプログラムにならないからである。
    自動生成機能も、だんだん丁寧になってきているので、実用化の段階だといえるだろう。
    個人で買える値段でないところだけが悲しい。

全1件中 1 - 1件を表示

大川善邦の作品一覧

大川善邦の作品ランキング・新刊情報

MATLABによる組み込みプログラミング入門―SimulinkとReal‐Time Workshopを使った (Measurement & Control 計測・制御シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

MATLABによる組み込みプログラミング入門―SimulinkとReal‐Time Workshopを使った (Measurement & Control 計測・制御シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

MATLABによる組み込みプログラミング入門―SimulinkとReal‐Time Workshopを使った (Measurement & Control 計測・制御シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

MATLABによる組み込みプログラミング入門―SimulinkとReal‐Time Workshopを使った (Measurement & Control 計測・制御シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

MATLABによる組み込みプログラミング入門―SimulinkとReal‐Time Workshopを使った (Measurement & Control 計測・制御シリーズ)の作品紹介

モデル・ベースド・デザインの主たる目的は、開発過程を一貫した手法によって統一し、生産性を高めるというところにあります。MATLABとそのプロダクト・ファミリは、モデル・ベースド・デザインを実現する一つの手段を提供しています。本書では、MATLAB、Simulink、Real‐Time Workshopを使って、ブロック線図でモデルを組み立て、シミュレーションを実行し、Cプログラムを生成するまでの過程をとおし、MATLABとSimulinkの利用方法の基礎を学びます。

MATLABによる組み込みプログラミング入門―SimulinkとReal‐Time Workshopを使った (Measurement & Control 計測・制御シリーズ)はこんな本です

ツイートする