ヒットラーのむすめ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)

  • 226人登録
  • 3.96評価
    • (26)
    • (44)
    • (28)
    • (1)
    • (0)
  • 45レビュー
制作 : Jackie French  さくま ゆみこ 
  • 鈴木出版 (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790231493

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
和田 竜
三浦 しをん
アレックス シア...
有川 浩
アレックス シア...
有川 浩
トミー=アンゲラ...
カズオ イシグロ
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒットラーのむすめ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)の感想・レビュー・書評

  • もしも自分の親がヒットラーだったら?
    想像してみることが、考える力を生むのだと、あらためて感じた。
    ユダヤ人は本当にアーリア人より劣っていたのか? そんなはずはない。それなのに、どうしてナチスはユダヤ人を迫害し、あんなに恐ろしいホロコーストが起こってしまったのか? 当時のドイツ人は、本当にそんことを信じていたのだろうか? マークは考え続けます。
    バスの運転手、ラターさんは言います。
    『「どうしてだって? どうしてか教えてやるよ! 統計の数字を見さえすりゃいいのに、だれもそんなことしないからさ。それどころか、テレビでインチキなやつがとんでもないこと言ってるのを真に受けて、それをありがたい福音みたいに受け取ってるのさ。それがほんとかどうかなんて、気にしてもいない。だれも、自分の頭で考えようとはしない。そこが問題なんだよ。」』

    『「だけど、自分がほんとうに正しいことをしているかどうかは、どうやったらわかるんですか?」マークはさけぶようにして、きいた。』
    『人は、正しいと思ったことをするべきだ。でも、正しいと思ったことが間違っていたら、どうなのだろう?
    みんながしてることをやればいい、というのは、答えにならない。ヒットラーがやったことから一つわかるのは、国じゅうの大多数の人が間違っていたということだからだ。
    当時のひとたちは、ものごとをちゃんと考えていたのだろうか?』

    これを読むと、今の日本の状況と重なることがあって薄ら寒い。今、みんな本当に自分で検証し、自分の頭で考えているだろうか?
    もちろん、マークは子どもで、疑問ばかりが浮かんでしまうが、きちんと頭で考えている。だからこそ、疑問が浮かんでくるのだ。そのマークに対し、親も先生も、なかなか真摯に話を聞き、答えてはくれない。

    『「あのときのドイツの人たちも、わたしたちみたいな態度をとってたんでしょうね? ヒットラーのすることにはきっと反対だったと思うわ。少なくとも、すべてに賛成してたわけじゃない。でも、見たり聞いたりするのを避けてるうちに事態が進んで、気づいたときはもう遅かったのよね。みんなが目をつぶっているあいだに、ナチスの思うつぼにはまってしまったのよ。」頭の中のお母さんはうなずき、大真面目な顔でマークを見てこう言う。
    「あんたがきいてくれたおかげで、いろいろ考えることができたわ」』
    子どもの言葉の中に、問いの中に、真実があるかもしれない。忙しさに紛れて、見逃してはならないと思う。そして、忙しさを言い訳に、考えることを放棄してはならない。

  • ヒットラーにむすめがいたら・・・、というお話。ヒットラーの娘と名乗る少女が主人公で、というような設定かと思ったら、そうではなかった。細かい章建てと素敵な挿絵で、あっという間に本の世界に引き込まれて一気に読んでしまった。とても面白かった。(読み終わって満足したあと、ふと、マークの疑問が少し教育的かなと「大人」みたいな感想を持ってしまったが。最近、絵本に関する講座を受けたから、作品が教訓めいてるとかそうでないとかの批評を無意識にしてしまうみたい…。)

  • もしもヒットラーに娘がいたら、という空想ゲームから、なぜあんなことが実際起きたのか考えていく男の子。両親に尋ねても次第にうっとうしがられ、怒られるという顛末。とにかく正義や正しい事というのは主観でもあるので、きちんと自分の頭で考え行動することが大事。

  • 4/26掲載 千歳市立図書館 西村氏

  • 親しい人が戦争に進もうとするとき、僕たちはそれを止めることが出来るのか…。

  • もしもヒットラーにむすめがいたらという物語を
    通学バスの中で語られるのですが
    ちょっと悲しくてつらいのは
    ヒットラーという人が何をした人間なのか
    戦争がどういう結果になるのか知っているから
    自分がヒットラーのむすめだったらと考え
    自分の親のことを考える子供の真っ直ぐさが清く
    終わり方にも、ああ、、、とため息
    読み応えのある本でした

  • 夏休みの課題図書だったかなんであったか。
    物語はもし、自分がヒットラーのむすめだったら?というお話ゲームから始まる。
    児童向けということもあって問いが提示されるだけで特に掘り下げられることもない。お話しゲームを聴くマークもそこまで考えないでただ聞いて自分に問うだけだ。周りに話しても面倒くさがられて捨て置かれる。年を経るにつれてどんどん考えなくなる。そして、結局最後にはこれはゲームだからと、読んだであろう子どもたちに投げかける形で締めくくられる。
    こういう形が子どもいいかはわからないが、思うに、あまり哲学的に意味をなさない。
    ヒットラーのような行いをするということと、自分の親がヒットラーであるということはまったくもって別の次元の話なのだ。何もヒットラーに限った話ではない。親が英雄であろうとその英雄的行いと関係がないように。自分が自分であるということは親とは関係ないところにある。確かにこの肉体は親から与えられたに違いない。だが、それが自分であるということは親とは別のところにある。行為もまた同じである。ひとを殺す、そこにどんな理由もつけられない。ただ、殺すという行為が実現するに過ぎない。だから、家族であろうと、恋人であろうと、ヒットラーの行為を誰も止めることなどできない。どうやったら善悪の区別がつくのだろうとか、自分の周りが全員間違っていたら、ということを問うのは意味をなさない。書いた人間も無責任と言えば無責任だと思う。しかし、どんな英雄的と言われる行為も残虐と言われる行為も同じものの裏表なんだというよりは、そういうことはしていけませんと言う方がいろいろ都合がいいに違いない。

  • スクールバスを待つ間にいつもの遊びから
    始まった「もしヒットラーのむすめがいたら」と
    いう架空のお話。

    主人公の男の子マークは友人の女の子が語る架空の話に
    のめり込み今まで思いもしなかったことに疑問を持ち
    あれこれと質問して両親や先生を少し困らせる

    語られる話の内容はヒットラーの娘がいたとして
    彼女はかくまわれてひっそりと育てられ、戦争が終わり
    別人として生きる、というもの。児童文学なので
    空爆の瞬間の文の調子もゆったりしている

    この本の最後、さて、ヒットラーにはむすめはいたのかいないのか。。

    戦争の凄惨な描写が怖くてトラウマになっちゃう子っているので
    少年少女が戦争について読むには優良な本だと思います。

  • 同じ学校に通うアンナ・トレーシー・マーク・ベンの四人は、スクールバスを待ちながら、暇つぶしに「お話ゲーム」を始めた。
    それは登場人物を誰かに決めてもらい、その人物に関するお話を誰か(主にアンナ)が空想して話す、というゲーム。
    しかし、ある日アンナが「今日が私が登場人物を決める」と言い出した。こんなことは初めてだったので三人は戸惑った。どんな登場人物が出てくるのかを尋ねると、アンナは少しためらってからこう言った。

    「えーとね……ヒットラーのむすめの話よ」

    ***

    ネタバレすると、実はこのお話ゲームの主人公であるヒットラーの娘はアンナの祖母で、アンナは秘密を心にしまっておくことができなくてゲームとしてお話をした……というオチ。
    でも、アンナの祖母もあくまで「ただの空想のお話」としてアンナに話したので、本当かどうかは解らない。

    全体的に暗め、淡々とした感じに進むお話。わりと好きだけど、合わない子は本当につまらないんだろうなぁ。
    ヒットラーの娘というのは中々斬新な発想でした。戦争についてのブックトークにも使えそう。

  • 最後の終わり方が…続編でないかなー

  • 戦争が起きたとき、もしくは、“善悪”が問われるとき、社会の中で、自分はどう考え、行動したらいいのだろう? 子どもを通して、初めてその問題とぶちあたったとき、みんな答えをもっているのだろうか。
    子どもにその答えを出すための手助けを出来るだろうか。
    “ヒットラーのむすめ”という架空の人物は、独裁者のシンボルとして有名なヒットラーの、むすめという近くとも遠い視点から、善悪を考えさせる。
    映画を見るような情景の広がる物語だった。

  •  小学生の少女アンナが,スクールバスを待つ間の時間を利用して話し始める「ヒットラーのむすめ・ハイジ」の物語。友達マークたちに催促されて,話は展開していきます。もちろん,内容は作り話なんだけど…。
     話を聞いている間に,マークは,現実の世界と物語とを行き来するようになってきます。「もし,自分の父親が人殺しだったら,自分は何ができるのか」「もし,みんなが間違ったことをやっていたら,自分一人でも反対できるのか」「ヒットラーの時代は特別だったのか?」「今の時代はどうなのだ」
     読み進める内に,読者である私に対して「あなたは…本当に戦争を止めようと思って行動しているのか!」と問われている気分にもなってきます。
     なんとも,複雑でおもしろい物語でした。
     最後にも,思わせぶりな部分がありますので,お楽しみに…。
     これ以上書くとネタバレになるので,やめておきます。

  • 難しいかな、と敬遠していたけれど、思っていたよりもさくさくと読めた。
    突き詰めて言えば「正しいこととは?」ということのおはなしかな。
    いろいろなことについてちゃんと考えよう、と思える小説。

  • [ 内容 ]
    雨がふりつづいていたある日、スクールバスを待つ間に、オーストラリアの少女アンナがはじめた「お話ゲーム」は、「ヒットラーのむすめ」の話だった…。
    もし自分がヒットラーの子どもだったら、戦争を止められたのだろうか?
    もしいま、だれかがヒットラーと同じようなことをしようとしていたら、しかもそれがぼくの父さんだったら、ぼくはどうするべきなのだろうか。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 簡単に書かれているけれど、内容は重い。
    雨の日のスクールバスを待つ間の暇潰しとして、アンナが始めたお話ゲーム。その"お話"に徐々に引き込まれていくマーク。ヒットラーのむすめハイジの立場になり良いことと悪いことについて、戦争について考え始める。「もしお父さんが悪いことをしていたら、やめてって言えるのか」「もし今ヒトラーが権力をもったとしたらお父さんやお母さんは抗議するのか」「良いことをしていると思ってる人に本当はそれが悪いことだとどうやったら気づけるのか」……
    10年位前に読んだときから古くならないこの本。というか今の日本にピッタリでしょ。

  • 2014年10冊目。

    図書館で、こちらも瞬間的なフィーリングで借りたけど、大正解。

    ただお嬢さん用には難しかった。
    オーストラリアの小学生が、お話ゴッコとしてヒットラーにむすめがいたら…という物語を物語るメタ要素のある話。
    読み聞かせてみて面白いというから読み進めて行ったけど、5歳児にはさすがに登場人物やらが複雑すぎて分からなかったみたい。
    最後は私ひとりで普通に読書。

    小学校高学年くらいになったら、進めたいとすごく思った。
    児童書は侮れません。

  • もしヒトラーに娘がいて、彼女が大戦を生き延びていたら?
    もしそのことが人に知れたら、彼女はヒトラーの娘としか見てもらえなくなるだろう。

    でも、どうしても胸に収めておけなくて、もしかしたら孫娘に「もしもの話」として話していたかもしれない。

  • オーストラリアの田園地帯に住む子供たち。スクールバスを待つ間、一人の女の子がヒットラーの娘の話を始める…ヒットラーには実は一人娘がいた。彼女は生まれつき顔に痣があり、片足が短かった。父としてのヒットラーは優しかったが、彼女の存在は隠匿され、ドイツの田舎で隔絶されて孤独に生きていた…その話に引き込まれた男の子は、「親が悪い人だったら子供も悪い人になるのか?」「何故ヒットラーのような男が総統として国を率いることになってしまったのか?」「本当に人種的な優劣があるのか?」等の疑問を持つ。
    児童文学と分類される本ではあるけれども、大人が読んでも色々考えさせられる内容で、非常に面白かった。
    参院選が終わったばかりだが、投票率は悪く、新聞には「自分には関係ない」「どうでもいい」「政治には興味が無い」という人達のコメントが掲載されていた。子供時代にこういう本を読んでおくことは(もちろん大人になって読んでも良いのだが)、意味のあることだと思う。

  • 自分がもしもヒットラーの娘だったらって、考えたくなるお話でした。

    あり得ないとは思うけど、もしかしたらってあるかもしれないと思わせてくれる物語でした。

  • 雨の日のバス停で行われる「お話遊び」。今日から始まったお話は、ヒットラーの娘「ハイジ」の物語。子供たちは、ハイジのストーリーを聞きながら考えるのだ。

    もしも自分の父親がヒットラーだったらどうする。
    自分の父親が悪いことをしていたらどうする。
    父親が悪人なら自分も悪人になるのか。
    子供は親の悪を止めることができるのか。
    周りみんなが、それが悪だと気がつかなかったら、
    気がつかないふりをしていたら、
    自分はどうするんだろう。

  • 【ネタばれします】

    読了。ナチスをテーマにした現代物の児童文学。

    「迷う」ってことを忘れた時に、人は道を踏み外すのかもしれない。

    【ここから微妙にネタばれします】



    作り話としてしか話せない〈出来事〉もあるのだなと思う。
    ヒロインの少女が受け取ったものは、重い。

  • 何となく手に取った児童書。深かった!

  • ブクログで見かけて知った本。
    挿絵が独特の雰囲気で、この本のトーンを決めていると思う。
    読者に考えさせたいのであろうメインテーマは勿論、とても考え甲斐のあることだと思う。が、個人的には「語らずにいられない物語の力」とか、「人の立場になってみることの難しさ」や「コミュニケーション、思考のトレース、共感までの距離」などのサブ以下のテーマに惹かれた。
    なるほどこれはなかなか面白い本だった。

  • 小学生のころに読んで、
    いまだに忘れられない一冊。

    自分の親と重ね合わせたら怖くなった記憶が・・・

全45件中 1 - 25件を表示

ヒットラーのむすめ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)に関連するまとめ

ヒットラーのむすめ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒットラーのむすめ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヒットラーのむすめ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)の作品紹介

雨がふりつづいていたある日、スクールバスを待つ間に、オーストラリアの少女アンナがはじめた「お話ゲーム」は、「ヒットラーのむすめ」の話だった…。もし自分がヒットラーの子どもだったら、戦争を止められたのだろうか?もしいま、だれかがヒットラーと同じようなことをしようとしていたら、しかもそれがぼくの父さんだったら、ぼくはどうするべきなのだろうか。

ツイートする