クレイジー・サマー (鈴木出版の海外児童文学)

  • 19人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Rita Williams‐Garcia  代田 亜香子 
  • 鈴木出版 (2013年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790232612

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デボラ ホプキン...
パトリシア・ライ...
ジークリート・ラ...
ジャクリーン ケ...
R・J・パラシオ
柏葉 幸子
ヘレン ブッシュ
モーリス グライ...
福田 隆浩
朽木 祥
森川 成美
市川 朔久子
有効な右矢印 無効な右矢印

クレイジー・サマー (鈴木出版の海外児童文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • One Crazy Summerの翻訳。

    文体が今時の女の子らしくて、すっと入ってきた。

    公民権運動時代のことも学べる。

    欲をいえば、別れて久しい母親セシルとの邂逅がもっときめこまかく描かれているとよかったな。

  • 離婚のため、七年間あってない母親のもとで夏休みを過ごすためNYからカリフォルニアへやってきた三人姉妹は、母親から思わぬ扱いを受けることに。それは色々と理由があるわけなんですが、長女が妹二人の面倒をみるために奮闘する姿は涙ぐましい。あと、歴史の内容も含んでいるので、知らないと難解な部分もある。あと、国際結婚するような日本人が息子にヒロヒトと名付けないんじゃないかなと思ったり・・・。

  • [ 内容 ]
    目立ちたがりでおませな次女ヴォネッタ。
    いざとなると勇敢な末っ子のファーン。
    そして、11歳の長女デルフィーンは妹たちのめんどうをみることを最優先するしっかり者。
    キング牧師が暗殺された年。
    母とくらしたことのない黒人の三姉妹がカリフォルニア州オークランドにむかう。
    ひと夏を母とすごすために。
    ひとつの願いを胸に秘めて。
    2011年ニューベリー賞オナーブック、2010年全米図書賞児童書部門ファイナリスト、2011年コレッタ・スコット・キング賞作家部門、2011年スコット・オデール賞他受賞作。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 大人ならアメリカの現代史をある程度は知っているし、調べることもできるけど、この本のターゲット層(小高~中)は、殆ど知らないだろう。JFKやキング牧師は知ってても、マルコム・Xやヒューイ・ニュートンは知らない。ブラックパンサーも、サラ・ヴォーンももちろん知らない。
    アメリカの少年少女にはちょっと前に起ったことで、学校でも当然習うだろうけど。
    だから、特に難解ではない内容だけど、日本の少年少女が読むには、アメリカ公民権運動に関する記述が多すぎると言う理由で、難しい。
    最初に延々とモハメド・アリの話が続くところで挫折者続出の印象。
    で、最後まで頑張って読んだらすごく良かった!というほどでもないのが辛いね。
    セシルという母親の心情が今一つしっくりこないというか、わからない感じ。
    子どもにすすめる気にはなれない。
    公民権運動を知るだけなら、他にも本はあるからね。

  • 児童文学。小学校高学年向けかな?
    特に長女にオススメ。

    黒人の三姉妹は7年前に家を出て行った母を訪ね、ひと夏を過ごします。
    そっけない母との再会、黒人公民権運動、ほのかな初恋、子供だけでの観光という冒険…
    いろんな要素で全体がぼやけた感じもするけど、
    語り手である長女の心境に、きっと長女なら誰でも共感してしまうのではないかな。

  • キング牧師やケネディ大統領暗殺後のアメリカ。
    黒人の三人姉妹が、自分たちを置いて出て行った母の元で一夏を過ごすという物語り。
    ありがちな家族再生もの、あるいは親子の絆再認識ものかと思いきや、親子は一向に仲良くならなず、子どもたちは黒人差別をなくそうとする政治団体と関わりながら、今までとは違う学んでいきます。
    長女の大人びた視線を通して、当時のアメリカの差別や母親との関係が語られていき、最後には母親とある種の絆を気付くのですが、ありがちな甘い親子の情ではありません。
    その奇妙な絆がかえって感動するところもあるのですが、政治思想的なことが多めに盛り込まれているため、何に主眼を置いているのかわかりにくいようにも感じました。

全6件中 1 - 6件を表示

クレイジー・サマー (鈴木出版の海外児童文学)の作品紹介

目立ちたがりでおませな次女ヴォネッタ。いざとなると勇敢な末っ子のファーン。そして、11歳の長女デルフィーンは妹たちのめんどうをみることを最優先するしっかり者。キング牧師が暗殺された年。母とくらしたことのない黒人の三姉妹がカリフォルニア州オークランドにむかう。ひと夏を母とすごすために。ひとつの願いを胸に秘めて。2011年ニューベリー賞オナーブック、2010年全米図書賞児童書部門ファイナリスト、2011年コレッタ・スコット・キング賞作家部門、2011年スコット・オデール賞他受賞作。

クレイジー・サマー (鈴木出版の海外児童文学)はこんな本です

ツイートする