ワンガリ・マータイさんとケニアの木々

  • 36人登録
  • 4.09評価
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : カディール ネルソン  Donna Jo Napoli  Kadir Nelson  千葉 茂樹 
  • 鈴木出版 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790252238

ワンガリ・マータイさんとケニアの木々の感想・レビュー・書評

  • 978-4-7902-5223-8 34p 2011・3・25 初版1刷

  • 2004年、アフリカ女性で初めてノーベル平和賞を受賞したワンガリ・ムタ・マータイさんの実話。
    日本では、「モッタイナイ」と言う言葉を世界に広めた女性、として有名になった方です。

    テレビでみるワンガリさんは、明るくおおらかな女性のイメージですが、この絵本では聡明で指導力のある女性として登場します。
    そして、昔から伝えられる知恵の大切さや自然の偉大さも存分に伝えてくれる絵本です。
    油絵にプリント布をコラージュして描かれた絵も、ケニアの文化、色彩をうまく表現し、印象的。

    両開きで出てくる、おおきなごつごつした手は、日本で見る女性の手とは違うけれど、その力強さに心打たれました。

  • 2013よみこん推薦図書ー高学年ーえほんーマイ評価A。アフリカンテキスタイルのコラージュが美しい。原画が見たい。

  • 2011年10月6日 4年2組の読みきかせで、「もったいないばあさん」を読んだときに、読みきかせはしなかったものの紹介した本。ワンガリ・マータイさんの活動のエピソードがとてもわかりやすく描かれていた。

  • ケニアに生まれ、ケニアを愛したワンガリ・マータイさんが、貧しい女性たちにアドバイスしたのは、ただこれだけ。「木を植えなさい」 一人一人ができることを少しずつすることで、国を、アフリカを変えていくことができる! マータイさんについての伝記や絵本はいろいろありますが、美しいコラージュと簡潔ですっきりした文章は、高学年が読むのにとてもいい。あなたは何を感じましたか?

  • マータイさんについては、ノーベル賞を受賞したことと、「モッタイナイ」のフレーズぐらいしか知らなかったけれど、訳者もあとがきで述べているように、度重なる弾圧にも負けずに木を植え、環境保護に取り組み続けてきた人なのですね。
    油絵と布のコラージュとで描かれた絵本。あるページでは重ねられた手と手の力強さ、つややかさが胸を打ち、またコラージュされた布の色とデザインの美しさも印象的。そして何よりマータイさんの遠くを見すえる凛とした、大きな笑顔が心に残る絵本です。

  • ワンガリ・ムタ・マータイと木のお話。
    リアルな人物のイラストに布を切り貼りした鮮やかな絵のきれいな絵本。

    とってもきれいなんだけど、なんだかあっさりきれいすぎて物足りない。
    ドナ・ジョー・ナポリもカディール・ネルソンもすごく下調べをちゃんとする人だ(と思う)し、大量に集めた材料を削いで削いで大切なことだけを抽出して作ったんだと思う。

    だけどこれじゃ、昔話みたいだ。今の闘いが見えてこない。
    アフリカじゃない国でこの本を読む「自分」と、この本に描かれた世界を繋げるのは難しい。
    (ここに登場するのが女性しかいないことの意味など、考えようと思えば考えられるけれど)


    青海波や鹿の子紋ににた柄があって親近感を覚えた。
    青海波はエジプトあたりでも古くから伝わるらしい。不思議な感じ。

全9件中 1 - 9件を表示

ワンガリ・マータイさんとケニアの木々の作品紹介

幼いころに聞いたアフリカの知恵を生かして、ワンガリ・マータイさんは、根気よく木を一本一本植えつづけてきました。ワンガリさんたちが植えた木は、やがて平和のグリーンベルトとなり、ケニアだけでなく世界じゅうに広がっていったのです。実現可能で、持続可能な環境との取り組みかたを提唱し、先頭に立ってそれをあきらめることなく実行しつづけたワンガリさんは、2004年、ノーベル平和賞を受賞しました。「MAMA MITI 木の母」と呼ばれるケニアの女性、ワンガリ・マータイさんの知恵と情熱を伝える物語です。

ツイートする