オオカミサン、いまなんじ

  • 27人登録
  • 3.78評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Debi Gliori  長友 恵子 
  • 鈴木出版 (2014年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790252788

オオカミサン、いまなんじの感想・レビュー・書評

  • 2015年4月24日

    <What's the Time、 Mr. Wolf?>
      
    装丁/保田薫

  • 「オオカミさん、いまなんじ?」というのは、鬼ごっこ的な子供の遊びらしい。
    鬼(オオカミ)に「いま何時?」と声をかけ、オオカミ役が「○時、○○の時間」と返す。
    うまいこと返すまでに逃げたり捕まえたりする。
    その遊びと、いろんな物語の登場人物をつかった絵本。
    三匹の子ブタ、三匹のくま、金のがちょうやヘンゼルとグレーテルの魔女くらいはわかるけど、マザーグースのキャラクターは私にはよくわからない。
    ブラインドっぽいネズミはなんだろう。折り返しにある「三月うさぎ」はどれだかわからないし。
    文化の差があるからパロディとして楽しむにはちょっとしきいが高い。

    わからないのは「これなんだろう」って調べればいいから、知らないのはまあいいんだけど、おはなしが半端。
    タイトルから「いまなんじ?」を繰り返していくのかと思ったら、楽しい返し(けっこう怖いけど)は最初だけ。
    イタ電するこぶた(三匹のこぶた)や、お皿と逃げ出すスプーン(というよりお皿に拉致されるスプーン。Hey Diddle Diddleか?)はなにがしたいんだろう。

    最初の絵の入れ歯やメガネでオオカミが年よりなのかと思ったらそうでもなさそうだし、自分でケーキを買っておいてサプライズパーティってのもよくわからない。

    意味ありげなだけで無意味な絵なのか、単に私の知識がなくて読みとれないだけなのかわからなくて消化不良。

  • 「オオカミさん、いまなんじ」という質問に、皮肉たっぷりの回答をする。でも最後はHAPPY END。

全3件中 1 - 3件を表示

オオカミサン、いまなんじの作品紹介

オオカミさんの一日を丁寧に追ったゆったりとした絵本です。7時にはクロツグミがやってきて、8時には近所のひとがたちが出かけていって…おとぎ話に出てくるキャラクターたちとオオカミさんのやり取りも面白く、子どもだけでなく大人もきっと気に入る絵本ができました!

ツイートする