へびくんのおさんぽ (たんぽぽえほんシリーズ)

  • 90人登録
  • 3.65評価
    • (7)
    • (4)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
  • 鈴木出版 (1992年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790260356

へびくんのおさんぽ (たんぽぽえほんシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 水たまりの上で橋になったへびくんの背中を最初は小さな動物が渡っていくけど
    どんどん動物が大きくなり・・・どかどか渡っていく。
    面白い絵本です。

  • 水たまり、橋代わり、あり、とかげ、ねずみ、おおかみ、ライオン、ゾウ、水を飲み干してツチノコみたいに

  • 息子と2人で大爆笑!

    いやいやいやいや、最後のアイツはヘビくんの上を通る必要ないだろ!(笑)

    オチもついてるし、最高でした。

  • 2009.07 わかば

  • こまわりが多く読み聞かせには微妙

  • 3歳6ヶ月
    へびくんよくがんばった〜。

  • オチといいとてもかわいらしいストーリーの絵本。

  • 2013【01】干支の本(へび)展示

  • へびくんは およげるのに、なんでおよがなかったのかが おもしろかった。
    へびくんは、およいでわたって、それから はしになってあげれば よかったとおもった。

  • 水たまりをまたごうとしたら、小動物がヘビを乗り越えて、でも、なぜかその次には動物までへびを踏んづけて越えて行き、さあヘビが水たまりを越えたけれど、さあ喉が渇いたことに気がついた。水たまりの水を飲み始めたら…?

全11件中 1 - 10件を表示

へびくんのおさんぽ (たんぽぽえほんシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

へびくんのおさんぽ (たんぽぽえほんシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

へびくんのおさんぽ (たんぽぽえほんシリーズ)の大型本

ツイートする