分析哲学入門 (SEKAISHISO SEMINAR)

  • 16人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 竹尾治一郎
  • 世界思想社 (1999年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790707691

分析哲学入門 (SEKAISHISO SEMINAR)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2

  • 前提とされてる知識や用語が多いと感じたので入門ってつもりで書いたのなら失敗した本だと思う。

    気が向いたら後でまた読む

  • 目次が重要

全3件中 1 - 3件を表示

分析哲学入門 (SEKAISHISO SEMINAR)の作品紹介

分析哲学の中心問題。分析的伝統のもとで草創期から20世紀全般にわたって行われてきた哲学を、認識論と方法論、言語哲学、心の哲学の各領域における中心問題に即して概観し、一貫した検討を加える。

分析哲学入門 (SEKAISHISO SEMINAR)はこんな本です

ツイートする