同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワーク

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 黄順姫
制作 : 黄 順姫 
  • 世界思想社 (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790712640

同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワークの感想・レビュー・書評

  • 「特にその地域で名門とされている学校ほど自分の学校を誇りに思い、よく群れる。これはなぜか?」
     その理由を福岡の名門高校へのフィールドワークと社会学的観点から分析する。
     同窓会の特徴としては「社会資本の蓄積に容易にアクセスできる点」が一番大きい。
     同窓生はそのネットワークを通して、例えば医師の同窓生であれば病気や介護の時に助けられたり、事業の失敗や相続であれば弁護士に助けられたり、日常生活のさまざまな問題に対処する。そして、そういったネットワークを利用することで個人は上質で贅沢な生活世界を実現できる。
     さらにはハビトゥス(もろもろの性向の体系として、ある階級・集団に特有の行動・知覚様式を生産する規範システム)の機能により学年、世代の境界を超えて、同窓生連帯意識を生成する。同じ学校の卒業生であってもさまざまな人がいる。学校生活でも適応の仕方は異なる。しかし、同窓会の活動を通し、自らの学校的過去の集合的・個人的記憶を喚起し、また、自らの身体に刻み込まれ共有している学校文化を省察する。結果、同窓生なら誰もが共有するであろうとみなすハビトゥスのあり方を想像するのである。故に、「親しくない人でもその学校で育った人間だったら安心感がある。」というような一見、理不尽かつ非論理的な行動が成り立つ。
     そういった現象を通し、その社会資本はますます蓄積される形となり、同窓会の存在をより大きなものとする。
     実際に、同窓会の存在は、特に就職活動において効果を発揮している点もあり、この不況下のご時世においては非常にありがたい存在である。さらに他の学校ではそういった就職ルート(ex.工業or商業高校→地元企業への就職)が崩壊している点をふまえると相対的にその価値は上昇している。
     今後同窓会はどのような形になっていくのか?

  • <pre><u><h4 Align="center">地域のはなし〜公共的なネットワークの行方〜</h4></u>
    <b>未来に開かれた過去の学校とはなにか。記憶の共同体
    的再生装置であり、個人の信頼とノスタルジアをもと
    にネットワーク、社会的資本を形成する同窓会。学校
    教育というものの持つ、より深く本質的な意味を描き
    出す。</b>(TRC MARCより)

    資料番号:010985422
    請求記号:374.6/フ
    形態:図書</pre>

  • 学校というブランド力。いろいろ変数が隠れていそうな気もするけど。

全3件中 1 - 3件を表示

同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワークを本棚に登録しているひと

同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワークを本棚に「読みたい」で登録しているひと

同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワークを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワークの作品紹介

記憶の共同体的再生装置であり、個人の信頼とノスタルジアをもとにネットワーク、社会的資本を形成する同窓会。学校教育というものの持つ、より深く本質的な意味を描き出す意欲作。

同窓会の社会学―学校的身体文化・信頼・ネットワークはこんな本です

ツイートする